事業計画書(ビジネスプラン)を作成する研修では、新業態のパン屋をスタートするという想定で4枚の事業計画書シートを作成

事業計画書を作成する研修社員研修の一環として事業計画書を作成する研修を行った。目的は社員の経営感覚を高め、新事業を発案し計画する能力を高めることである。いい店舗の居抜き物件があり、その場所に新店舗を新業態でスタートするという想定で研修をした。パン屋といってもいろんな展開が想定できるので、まずどのようなパン屋にするのかをシート1と2を使って書き出す。そのうえで、開業に必要な資金を計算し、その資金は本社からの借り入れとしてシート3に記入。そして、損益計算表で、売上と利益がどのくらい上げられるのかを計算してシート4に記入するという流れである。

kaigyoujinosikinplan.jpg

開業資金は少ないほど、返済金額が少なくてすむので、設備投資額も中古設備を使うなどの工夫が必要である。本社からの借り入れは5年返済(元金均等)で年利3%で返済するという設定になっている。

kaigyoujinosikinplan4sheet.jpg

使用した4枚のシートは上記のとおり。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/03/businessplan.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/03/businessplan.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/03/businessplan.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。