店頭で気になった商品はWEBで検索するのが6割で、店員に聞くは4割にとどまっていた(Adobeの調査)

6warihawebde.jpgスマホの普及で消費者の店頭での購買行動が変化しているようだ。Adobeが「消費者行動調査2016」として公開した調査結果のなかに、いくつかの特徴的なシグナルがあった。例えば、「店頭で気になる商品を発見したさいの消費者の行動」を見ると、「その場でスマホなどからWebで調べる」「後からWebで調べる」と答えた人は合わて60.2%。「その場で店員に聞く」というのは39.8%にとどまっている。つまり、実店舗でもWEBでの商品訴求の重要性が格段に高まっていることを示している。

その他にも重要なアンケート結果が見やすくまとめられている。

コミュニケーションロスが売上損失に直結。アドビ「消費者行動調査2016」に見るデジタル時代の消費者意識とは
https://www.adobe.com/jp/information/unite/b/2016/03/02.html

上記のURLから資料請求すれば、さらに詳しいPDF資料をダウンロードできる。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/04/adobeenquete.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/04/adobeenquete.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/04/adobeenquete.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。