WEBマーケティング推進のためにサーチコンソールの重要性が日々増している、ユーザーを複数にして管理を万全にしておこう

usertsuikasearchconsole.jpg検索エンジンマーケティング実践のためにアクセス解析は欠かせない。Google活用においてはアナリティクスとサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の2つを設定してあるはずである。これまでGoogleアナリティクスを中心としたアクセス解析を行っていたというWEB担当者が多いはずだ。そのため、サーチコンソールはほとんど見ていなかったり、管理者が前任者のままで管理できていなかったりする例が多く見受けられるようになった。
しかし、サーチコンソールの重要性は日に日に増している。例えば、集客している検索キーワードはアナリティクスでは不明(not provided)ばかりだが、サーチコンソールではわかる。しかも、検索順位、検索結果に表示された回数、CTR(そのクリック率)までが一覧でわかるのである。また、html改善提案や外部からの被リンクなどの分析もサーチコンソールならではだ。そのサーチコンソールの管理者がアナリティクスの管理者と一致していない例が増えてきた。

長い間やっていると、企業でのWEB担当者が変わったり、パソコンを変えたことによる環境変化があったりで、いざというときにサーチコンソールにログインできなくなっているということだ。ログインできなくなってしまうと復活するのが面倒だ。

サーチコンソールの管理画面にログインできているうちに、サブ担当者のGmailアドレスを登録しておこう。

サーチコンソールにユーザーを追加する方法

サーチコンソールのドメイン一覧されている管理画面で「プロパティの管理」というプルダウンメニューをクリックすると「ユーザーを追加/削除」というメニューが現れる。

usertuikasearchconsole.jpg

現状のユーザー(管理者)一覧が表示される。

userkanriconsole.jpg

「新しいユーザーを追加」をクリックすると管理者を追加できる。

userkanriconsoletsuika.jpg

新たしいユーザーを追加するさいは、権限を「制限付き」にするか「フル」にするかを選択する。見るだけのユーザーでよいのなら「制限付き」でよいが、設定などを行えるようにするには「フル」にしなければならない。また、ユーザーのメールアドレスは原則としてGmailだが、Gmail以外でも追加は可能である。

ユーザー追加がうまくできたら、ユーザー一覧に追加したメールアドレスが表示されるはずである。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/05/searchconsoleuser.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/05/searchconsoleuser.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/05/searchconsoleuser.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。