スマホファーストでWEBビジネスを展開するならパソコンのブラウザ表示もスマホ用表示にしておこう

useragentswitcherforchrome200.jpgスマホファースト(またはモバイルファースト)と呼ばれて久しい。とくに今年はGoogleがMFI(モバイルファーストインデックス)を実施するとあって、WEB業界はパソコンが主流の時代からスマホ主流の時代に構造変化しようとしている。しかし、業務で使う場合のはパソコンが主となることが多いため、スマホファーストの意義は理解していても目の前にあるパソコン画面を優先してしまい、ついついスマホ画面での表示確認を疎かにしてしまいがちである。そこで、パソコンでもスマホの画面で表示させることができるクロームの拡張機能を追加した。

Googleクロームの拡張機能でスマホ用ページ閲覧

Google拡張機能(エクステンション)はクロームウェブストアから入手できる。https://chrome.google.com/webstore/category/extensions

いくつかの拡張機能があったが評判がよさそうな2つを試してみた。

User-Agent Switcher for Chrome

useragentswitcherforchrome.jpg

上記の画面で「Chromeに追加」をクリックすればインストールできる。右上のアイコンをクリックするとどの端末での表示にしたいかを切り替えることができる。

useragentswitcherforchromeselect.jpg

直感的に使えて便利な拡張機能である。端末一覧からAppleを選択するとiPhone6とiPadのどちらかが選択できる。iPhone6の画面で表示させたところ、レスポンシブデザインのページもスマホ専用ページもいい感じで表示できている。

Mobile Layouter

mobilelayouter.jpg

この拡張機能も評判がよさそうだったので試してみた。しかし、切り替えできるスマホの選択肢が少なく、しかもちょっと古い。iPhone5sまでしか選べず、iPhone6以降には対応していなさそうだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/06/UserAgentSwitcherforChrome.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/06/UserAgentSwitcherforChrome.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/06/UserAgentSwitcherforChrome.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。