顧客はなぜそれを買うのか?ユーザーの購買動機の流れをカスタマージャニーマップで表現して分析する

faber_idom03.png最近のビジネスは、AIを活用し顧客の購買動機を分析する手法が進んでいる。ネットビジネスでも分析系が充実してきており、実際のツールと連動させて、マーケティングは自動化に向かっているように感じる。しかし、いくらコンピュータが優秀になっても分析対象が「人の感情」であれば、やはりすべてをAIで自動化というわけにはいかないだろう。顧客の購買動機は複雑であり一様ではないからだ。
その解決策として、カスタマージャニーマップをあらかじめ作成しておき、そのストーリーに沿って施策を打っていく方法が増えている。

カスタマージャーニーマップとは

カスタマージャーニーマップとは、モデルとなる顧客が認知から比較検討を経て購入に至るまでの時系列を図示して見える化したものである。

▼中古車買取ガリバーのカスタマージャーニーマップ例
faber_idom03.png

出典 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/05/30/25830

このカスタマージャーニーマップを見ると、「認知」「情報収集」「比較検討」を経て「コンバージョン(売上)」に至る流れがよくわかる。検索キーワードには「DO」「GO」「KNOW」の3種類があるといわれているが、「比較検討」の段階でユーザーが使うキーワードは「DOキーワード」だろう。

「認知」「情報収集」のキーワードはKNOWキーワード

dogoknowkeywordg.jpg

DOキーワードで集客するのがもっとも転換率(CVR)が高いだろう。しかし、DOキーワードは今やPPC広告での集客が主要導線になりつつあり、競合他社の広告も多数でているため、自然検索で上位表示できても集客がむずかしくなっている。

だからこそ、あえて、KNOWキーワードでの集客を狙うという作戦もある。

ユーザーに役立つ情報を多数発信する。すると、カスタマージャーニーマップでは、「認知」「情報収集」の段階でユーザーと接触できる。この段階からユーザーと接触するとユーザーとの関係性が強くなり、コンバージョンに至る数が増加するということである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/07/customerJanimap.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/07/customerJanimap.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/07/customerJanimap.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。