Googleマップでは自分の移動記録をタイムラインとして見ることができる

googlemaptimelinesengetu.jpgスマホでGoogleマップの位置情報をオンにしておくと、タイムラインが表示できる。グーグルマップのタイムラインとは、スマホ持参で移動した人の記録をグーグルマップ上に表示してくれるというものだ。随分前から利用しているが、頻繁に見ることはあまりないのが現実だった。
今月に入り「あなたの9月の思い出」というメールがグーグルから来た。クリックするとタイムラインを見ることができる。このようなメールサービスで情報を受け取ったのは初めてのような気がする。

グーグルマップのタイムラインの使い方

googlemaptimelineweb.jpg

利用方法はグーグルのヘルプに記載されている。
以下https://support.google.com/maps/answer/6258979より引用

訪れた場所を表示する

移動した距離や手段(徒歩、自転車、車、公共交通機関など)を確認できます。タイムラインで測定される距離の単位がマイルになるか km になるかは、国によって決まります。

Google マップを開きます。

モバイル端末で使用しているのと同じ Google アカウントでログインします。
左上でメニュー メニュー をクリックします。
[タイムライン] タイムライン をクリックします。
表示する日や月を変えるには、上部にある [日付] をクリックします。
表示したい日を選択します。
ヒント: 最近訪れた場所を確認するには、メニュー メニュー 次へ [マイプレイス] 次へ [訪れた場所] をクリックしてください 。

タイムラインを編集する

タイムラインに表示されている場所や時間が間違っている場合は、それらの情報を編集できます。

パソコンでタイムラインにアクセスします。

タイムラインで変更する場所を見つけて下矢印をクリックします。正しい場所を選択するか、検索ボックスで場所を検索します。訪れた時間を編集するには、時間をクリックします。

▼自分のタイムライン
googlemaptimeline.jpg

実際に自分のタイムラインを見ると、行ったところが赤い点となって表示されている。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/10/googletimeline.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/10/googletimeline.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/10/googletimeline.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。