さくらインターネットでは無料SSLが使えるようになったが、設定方法が少し変化したようだ

sakuramuryousslsetting.jpg先月からさくらインターネットは無料で常時SSLにするSSL証明書を設定できるようになった。とても便利なサービスだが、今月に入りSSL化の設定が少し変化したようである。これまではサーバコントロールパネルのドメイン一覧の画面から該当するドメイン名を選択し「無料SSLの設定へ進む」から数クリックするだけで設定できていた。しかし、今日この作業をやってみるとそれだけではうまくいかなかった。

さくらインターネットの無料SSL設定画面

sslwwwfuyosezusetting1.jpg

先月までは上記の画面で「無料SSLの設定へ進む」をクリックすればあと数クリックするだけで設定ができた。しかし、今回は「wwwを付与せずマルチドメインとして使用する」に変更してからでないとうまく設定ができなかった。

さくらインターネットで「wwwを付与せずマルチドメインとして使用する」に変更する方法

サーバコントロールパネルで「ドメイン詳細設定」のページを開くと、マルチドメインの設定ができる。ここでは1の「設定をお選びください」をよく見る。おそらく、「マルチドメインとして使用する(推奨)」が選択されているはずである。このままでは無料SSLが設定できない。その下にある「wwwを付与せずマルチドメインとして使用する(上級者向け)」に変更する必要がある。

sslwwwfuyosezu.jpg

その後、あらためて無料SSL設定の画面で手続きを進めていくと設定完了となる。

設定が完了すると以下のような画面になる。

sslwwwfuyosezusetting.jpg

SSLで表示されるようになるまでは1時間ほどかかるが自動で設定してくれるのでしばらく待ってから、自分のドメインが「https」で表示されているかどうかを確認するとよい。

ドメイン移転後すぐにこの設定を行なうと「発行に失敗しました」と表示されることがある。

sslhakkousippai.jpg

この原因は、ドメイン移転直後だとDNSが安定していないためだ。しばらく時間をおいて(できれば翌日以降)あらためて設定を試してみるか、サポートに問合せてみよう。

なお、サーバがSSL表示可能になったとしても、すでにあるホームページを常時SSLにするためにはさらにいくつかの処理が必要になる。

以下のサポート情報を参考に設定を進めるとよい。

レンタルサーバ無料SSLよくある質問
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000147481

さくらインターネットの無料SSLでWordPressを使う場合
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000047641

WordPress以外で常時SSLにする場合
https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206054622#ac09

「.htaccess」に以下の部分を挿入する。

SetEnvIf REDIRECT_HTTPS (.*) HTTPS=$1
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

なお、ラピッドSSLでWordPressを常時SSLにする場合、これまでは
https://dm2.co.jp/2017/01/sslwordpres.html
の方法で行っていた。あわせて参考に。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/11/sakurasslfree.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/11/sakurasslfree.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/11/sakurasslfree.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。