LINE@を通信手段として使い始めるなら、まず個人のLINE情報でLINE@マネージャにログインする

lineatlogin.jpg企業や店舗がユーザーと情報をやりとりする通信手段としては電子メールや携帯電話番号によるやりとりが一般的である。しかし、最近ではセキュリティ面から電子メールや携帯番号を簡単に教えたくないたいう人も増えている。代わって通信手段として増えているのはSNSである。FacebookのメッセンジャーやLINEなどは簡単に使えて、相手の電話番号や電子メールアドレスをしらなくてもやりとりが可能なのでたしかに便利である。
とくに企業や店舗側からユーザーに同報で情報を発信するにはLINE@が重宝する。LINE@はビジネス向けのLINEアカウント。ユーザーに対してメルマガのような一斉通信やクーポンの配布などが可能で、小売サービス業などでは今や必須の通信手段となっている。

パソコンではLINE@の管理画面はブラウザで開く。

まずは、パソコンのWEBブラウザ(GoogleChromeを推奨)でLINE@の管理画面にログインする。

▼LINE@の管理画面にログイン
https://admin-official.line.me/

lineatlogin.jpg

個人で利用しているLINEのメールアドレスとパスワードを使ってログインしてから、LINE@の詳細設定を進める手順になる。途中で、スマホによる本人認証などがあるが、手順どおりに進めれば5分ほどでログインができるようになるはずである。

▼ログインしたLINE@の管理画面
lineatmggamen.jpg

LINE@はスマホでも使える。通常のLINEとは別にLINE@用のアプリがあるのでインストールする。

▼iPhone用のLINE@アプリ
lineatsmp.jpg

LINE@アプリをスマホにインストールすると画面にLINE@のアイコンが現れる。

▼スマホの画面
smpsnsgamen.jpg

▼スマホのLINE@画面
lineatsmpgamen.jpg

これでスマホでもLINE@が使えるようになる。

LINE@の使い方はLINEの公式ヘルプページに解説用のPDFがあるので、それを参考にするとよい。
▼LINE@の使い方PDF
lineattukaikatapdf.jpg
http://manual-at.line.me/accountpage_PC_guide.pdf

他のLINE@に関するヘルプ情報は以下のとおり

▼LINE@の始め方
http://blog-at.line.me/archives/42835219.html

▼LINE@のログイン方法
http://manual-at.line.me/archives/1035338060.html


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/12/lineatmg.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/12/lineatmg.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/12/lineatmg.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。