今年度の事業成果を振り返り次年度の事業計画を練り直す定期的な会議の場は重要である

jigyoukeikaku3nin2017.jpg毎年定期的に自社の事業計画を練り直している。中小企業診断士として独立している仲間と毎年年末12月の押し迫った日程で会議をしている。自社の事業成果を発表し、達成度合いなどを評価してもらう。そして、これから一年の事業計画を発表するという流れである。1社あたり約1時間だが、なかなか濃密な時間である。毎年のことなので、昨年発表した内容が記録に残っていて、簡単な言い逃れはできない。毎年のこの場が、自分にとっての大きな節目になっているのは間違いない。

jigyoukeikakuhappyoukai2017.jpg

今年は東京で開催。会場は東京都中小企業診断士協会の建物が入っている東京都中小企業会館ビル内の会議室を利用した。

来年(2018年)は輪番で幹事役が回ってくる。12月20日に石川県開催となる予定である。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/12/tokyojigyoukeikaku.jpg.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/12/tokyojigyoukeikaku.jpg.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/12/tokyojigyoukeikaku.jpg.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。