アクセス解析もAI時代に突入する予感、「人工知能がWEBサイトを分析」するというwacul-ai.comを試用してみる

人工知能がWEBサイトを分析いよいよこれからはAI時代全盛となるだろう。アクセス解析もAIで...というサービスが開始されている。株式会社WACUL(ワカル)はアクセス解析を自動で行う人工知能「AIアナリスト」を無料で提供している。設定方法も、Googleアナリティクスに連携するだけでOKという簡単さである。

アクセス解析を自動で行う人工知能「AIアナリスト」の機能紹介
https://wacul-ai.com/より引用

サイトの "伸びしろ" を発見 サイトの "伸びしろ" である改善方針を発見し、根拠となるデータとあわせて提案します。分かりやすい日本語と図で解説されており、実装後にCVがどの程度増加するかの予測値も見られるので、サイト改善の打ち手が明確になります。

人工知能が、サイトを解析して、伸びしろある改善方針を提案します。 改善方針には、伸びしろの根拠となるデータの解説がついています。 伸びしろに着手することで、どの程度CVが増加するか予測します。 改善方針をどのように実施すべきか、具体的な打ち手を確認できます。

サイトに関わる重要な "変化" を報告 「広告からの購入数の減少」「自然検索からの訪問者の増加」のようなWebサイトで起こっている重要な変化を報告します。機械学習を活用して、CVに影響のある異常値だけをピックアップします。

また変化だけでなく、その原因となった流入元と入口ページを影響が大きい順に教えてくれます。異常が発生した際すぐに問題を特定できるので、適切な対策をタイムリーに実行できます。 機械学習を活用して、Webサイトで起こっている重要な変化を報告します。

変化の原因となった流入元のセッション数・CV数の推移を、影響が大きい順に教えてくれます。 変化の原因となった入口ページのセッション数・CV数の推移を、影響が大きい順に教えてくれます。

レポート機能で集計工数をゼロに あらかじめ分析対象を登録しておけば、自動で重要なレポートが全て作成されます。集計に膨大な時間を要するユーザ別の分析も工数ゼロで受け取ることが可能です。「PC / スマートフォン」「新規 / リピーター」「年齢・性別」など、サイトの特性にあわせた軸で様々な分析対象を定義できます。

アクセス解析ツールを入れたもののほとんど見ていない、または活用方法が分からなくて困っているWEB担当者にはいいかもしれない。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/12/waculaicom.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/12/waculaicom.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/12/waculaicom.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。