WordPressを利用している場合はすぐにバージョン4.9.4に手動でアップデートしよう、4.9.3からは自動アップデートができない重大なバグがある

wp494.jpgWordPressは全世界でドメインの約2割で使われていると聞いたことがある。実感としてもWordPressで構築されているサイトはかなり多い。そのWordPressのアップデート案内があった。バージョン4.9.3以前だと、最新バージョンの4.9.4に自動アップデートができないようで、手動でアップデートするしかない。重大バグ修正が含まれているので、WordPressを使っている場合は最新バージョンへのアップデートをすみやかに行おう。

WordPress 4.9.4メンテナンスリリースより

wpup.jpg

以下は
https://wordpress.org/news/2018/02/wordpress-4-9-4-maintenance-release/
の一部を日本語に翻訳したもの

このメンテナンスリリースでは4.9.3の重大なバグが修正され、自動バックグラウンド更新をサポートするサイトが自動的に更新されず、4.9.4に更新されるためのアクションが必要になります。

4年前のWordPress 3.7「Basie」では、WordPressが自己更新する機能を追加し、あなた自身がそれを行うことができなかったときでも、あなたのウェブサイトを安全かつバグフリーに保ちました。4年間にわたり、それはその間に非常に少数の問題で何百万ものインストールを更新するのを助けました。残念なことに、昨日の4.9.3のリリースには、リリース後に発見された深刻なバグが含まれていました。WordPress 4.9.4に自身を更新しようとするとWordPressにエラーが発生し、WordPressダッシュボードまたはホスト更新ツールで更新を実行する必要があります。

今回に限っては手動でWordPressのアップデートを行なう必要があるということである。
アップデート自体は簡単である。以下のとおりでOK。

WordPressのアップデート方法

▼WordPressの更新案内は管理画面で確認できる
wp494updatemae.jpg

上記の画面で「今すぐ更新」をクリックすれば、最新版にアップデートできる。

なお、アップデートする前には必ずデータのバックアップを取っておこう。とりあえず、記事のエクスポートだけは確実にダウンロードしておこう。

▼ワードプレスのバックアップ方法について
https://dm2.co.jp/2016/08/wpbackup.html

▼アップデートがうまくいくと表示される画面
wp494update.jpg

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/02/wordpress494.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/02/wordpress494.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/02/wordpress494.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。