北陸地方は2月の大雪で農業用ハウスが壊れるなど大きな被害を受けた

ooyukidekowaretahouse01.jpg2月8日ころの大雪で農業用のビニールハウスが潰れたという被害が続出している。県内では数百棟ものハウスが雪で壊れたという。(写真の雪で壊れたハウスは石川県野々市市にある農業法人のもの:撮影は2月22日)
すでに大雪はピークを過ぎているが、いまなお大雪被害の爪痕が痛々しい。3月からは田植えの準備で苗を作る必要がある。そのためハウスの復旧は急ピッチで着手しなければならないようである。

ooyukidekowaretahouse.jpg

雪の重みで壊れたハウス。さらにまた雪が降り積もった様子もわかる。本日は大雪から1週間ほど経過した青空の日だったが、いまなお大雪の被害が痛々しい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/02/yukihouse.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/02/yukihouse.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/02/yukihouse.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。