蕎麦鑑定士1級に認定、全国に1級は73名いるということだがその1人になれた

sobakanteisi1kyu.jpg本日、東京の全国麺類生活衛生同業組合連合会の蕎麦鑑定士1級の認定試験に臨んだ。無事に蕎麦鑑定士1級に認定された。登録番号は65番。今年の1級認定者は14名で、これで蕎麦鑑定士1級は累積73名になったようである。その1人になれたことは感無量。4年間取り組んできてひとつの節目となった。

soba48syu.jpg

今回食べ比べした12種類の蕎麦

soba48syutone.jpg

なにはともあれ、蕎麦鑑定士1級の認定証はいただいた。

sobakanteisi1kyunintei.jpg

蕎麦鑑定士とは

「蕎麦鑑定士」とは、一言でいうと、〈蕎麦とはどういうものであるかを、知っている人〉のことです。「蕎麦鑑定士」は、伝統的な日本の蕎麦がどういうものであるのかについて正確な知識を持ち、なおかつ蕎麦を味わってみて、その蕎麦が備えている魅力を見分けられる人のことです。 そして、多種類の蕎麦について、それぞれ味わうべきポイントを見出して、楽しむことのできる人をいいます。
http://日本蕎麦.comより引用


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/03/sobakanteisi1kyu.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/03/sobakanteisi1kyu.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/03/sobakanteisi1kyu.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。