埼玉県中小企業診断協会会長の高澤彰先生の講演は企業内診断士に向けた熱い思いがこもっていた

石川県中小企業診断士会が主催するセミナー3月12日夜、武蔵のANAクラウンホテルで石川県中小企業診断士会が主催するセミナーがあった。講師は埼玉県中小企業診断協会会長の高澤彰先生である。このセミナー講師のために日帰りで金沢まで来てくれた。セミナー内容は「中小企業診断士として立つ!」という副題がついており、中小企業診断士としての活動内容や考え方について熱く語ってくれた。とくに独立時の秘話なども公開され、企業内診断士の心に響いたのではないだろうか。

金沢市武蔵にあるANAクラウンホテル

会場は金沢市武蔵にあるANAクラウンホテルの会議室。

高澤彰先生の講演

セミナー告知の案内状には石川県中小企業診断士会の杉原専務が書いたと思われる紹介文がまた熱かった。

埼玉会の会長であるとともに、診断協会の重鎮(理事)です。人情味あふれる人柄とともに、理念・活動そしてその評価には目を見張るものがあります。

1 中小企業診断士としてのアクティブな事業展開・その実態及び目指すべき方向性
2 企業内診断士としての活躍・展開
3 診断士の集いとしての会の魅力ある活動内容・方向性
4 中小企業診断協会及び各県協会相互間での未来志向の連帯・連携活動
上記につき、すこぶる企業の役に立ち・儲かる「仕事の仕方」とともに、企業内診断士の活躍について思いっきりの「本当」を披露していただこうと思い、講演依頼をいたしました。
加えて、これから始まる中小企業診断協会を中心とした、各県協会間の強力なタッグ(連帯・連携)を組んでのアグレッシブな展開も期待してのことです。

「診断士として立つ!」を副題として、明日への「道しるべ」となることを念じてやみません。

高澤彰先生は講演後の懇親会にも参加され懇親を深めることができた。最終の北陸新幹線で埼玉に帰られたが、今度またお会いしてお話をうかがいたいと考えている。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/03/takazawasho.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/03/takazawasho.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/03/takazawasho.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。