グーグルアナリティクスのデータ保存期間が自動的に26ヶ月に制限、延長するならデータ保持期間を設定する

analyticshozonkikansetting200.jpgGoogleAnalytics(グーグル・アナリティクス)のデータ保存期間が約2年間程度に制限されることになった。これまではデータの保存期間の制限がなかったので、数年分の比較ができた。長期間WEBビジネスを展開している事業者にとっては大幅な機能低下となる。
この対策が用意されているので、データの保存期間を延長したい場合は必ず設定しておこう。データ保持期間を「自動的に期限切れにならない」にしておくのがよい。

グーグルアナリティクスのデータ保存期間を延長する設定手順

グーグルアナリティクスにログインすると、上部に以下のような注意事項が表示されているはずである。

analyticshozonkikansettinginfo.jpg

先日導入された新しいデータ保持の設定により、2018 年 5 月 25 日からのデータが影響を受ける可能性があります。このメッセージを閉じるには、[管理] > [プロパティ] > [トラッキング情報] でプロパティのデータ保持の設定をご確認のうえ、[保存] をクリックしてください。

このとおりに設定を進めていく。

analyticshozonkikandatahoji.jpg

上記の画面で「データ保持」をクリックするとデータの保存期間を変更できる画面になる。

analyticshozonkikansetting.jpg

デフォルトでは26ヶ月(約2年)となっている。これを「自動的に期限切れにならない」に変更しておこう。

analyticshozonkikansetting200.jpg

この設定は遅くとも5月24日までに行なっておきたいものである。

GoogleAnalyticsのヘルプ
https://support.google.com/analytics/answer/7667196

上記のリンク先は英語のページだが、日本語に翻訳すると以下のようになる。

データ保持

Googleアナリティクスのデータ保持コントロールを使用すると、Googleアナリティクスが保存したユーザーレベルとイベントレベルのデータがアナリティクスのサーバーから自動的に削除されるまでの時間を設定できます。

これらの設定は2018年5月25日まで有効です。
ユーザーおよびイベントのデータ保持
保持期間は、Cookie、ユーザーID(例:User-ID)、広告識別子(DoubleClick Cookie、Androidの広告ID、Appleの広告主識別子)に関連付けられたユーザーレベルおよびイベントレベルのデータに適用されます。

集計された標準のGoogleアナリティクスレポートは影響を受けません。この設定で管理されるユーザーおよびイベントデータは、レポートにカスタムセグメントを適用する、または特殊なカスタムレポートを作成するなどの高度な機能を使用する場合にのみ必要です。
自動的にデータを削除する前に、データの保持期間を選択できます。

14ヶ月
26ヶ月
38ヶ月
50ヶ月
自動的に期限切れにならない
データの保存期間が終了すると、自動的に月単位で削除されます。

保持期間を変更すると、影響を受けるデータは次の月次プロセスで削除されます。たとえば、26カ月から14カ月に変更すると、14カ月以上経過したデータは次の月次プロセスで削除されます。

保存期間を変更すると、アナリティクスは変更を適用する前に24時間待機します。この24時間の期間中は、変更を元に戻すことができ、データには影響しません。

新しいアクティビティでリセット
このオプションをオンにすると、そのユーザーからの新しいイベントごとにユーザー識別子の保持期間がリセットされます(有効期限に現在の時刻と保存期間が設定されます)。たとえば、データの保存期間を14か月に設定した場合、ユーザーが毎月新しいセッションを開始すると、そのユーザーの識別子は毎月更新され、14ヶ月の有効期限に達することはありません。保存期間が切れる前にユーザーが新しいセッションを開始しないと、そのユーザーのデータは削除されます。

そのユーザーに新しいアクティビティがあるときにユーザー識別子の保持期間をリセットしない場合は、このオプションをオフにします。ユーザー識別子に関連付けられたデータは、保存期間の後に自動的に削除されます。

オプションを設定する
これらのオプションを設定するには、プロパティの編集権限が必要です。

Googleアナリティクスにログインします。。
[ 管理]をクリックし、編集するプロパティに移動します。
ではPROPERTYの列、クリックトラッキング情報>データ保持を。
ユーザーデータの保存:必要な保存期間を選択します。
新しいアクティビティでリセット:スイッチをオンまたはオフにします。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/05/analyticsdata.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/05/analyticsdata.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/05/analyticsdata.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。