能登仁行和紙は杉の皮で作られる手漉きの和紙、独特の風合いを持ち一枚一枚が作家の作品のようだ

notobigyouwashifuto.jpg能登仁行和紙(のとにぎょうわし)とは能登半島でたった1軒しかない手漉き和紙工房である。石川県輪島市三井町仁行という地区にある。能登仁行和紙の工房は中山間地で小川のほとりにあり、小川にかけられた木の橋を渡ったところにあった。なんと風情ある場所で営んでいるのだろう。初めて来てみたがこのロケーションにはびっくりした。

木の橋を渡ると能登仁行和紙がある。
wajimawashi01.jpg
この木の橋は自動車で渡ることはできない。雨の日も風の日も歩いて渡るのだろう。

▼能登仁行和紙の看板
notonigyouwashi.jpg

▼薪をくべるため煙突がある
wajimawashi02.jpg

▼内部にはギャラリーがあり、ギャラリー内は和紙の世界だ
notonigyouwashigya.jpg

和紙一枚一枚が独特の表情をもっており、工業製品とはまったく違う代物である。一枚の和紙は作家が作る作品というような思いを感じた。

▼能登仁行和紙で購入した杉皮でできた和紙の封筒
notobigyouwashifuto.jpg

notonigyouwasi.jpg
https://www.noto-nigyou-washi.jp/

能登仁行和紙
石川県輪島市三井町仁行袋前 〒929-2367
電話: 0768-26-1314

能登仁行和紙の作品の一部はネットでも購入できる。
能登仁行和紙 杉皮紙5枚セット

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業である株式会社ドモドモコーポレーションの代表取締役。石川県金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントである。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開している。商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしている。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介している。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/06/notonigyouwashi.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/06/notonigyouwashi.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/06/notonigyouwashi.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。