初めて参加した哲学カフェ、今日のテーマは「お金とはなにか?」だった

tetugakucafe.jpg富山県高岡市の株式会社フジタには町工場ながらユニークな展開で有名な企業である。崖っぷち町工場の逆襲というテーマで梶川社長がTV放映されたこともある。クラウドファンディングを活用して作られたすてきなメタルアートミュージアムもある。遠田もささやかながら支援していたが、今回はじめて訪れることができた。そのメタルアートミュージアムでは毎月楽しいイベントがあるようで、今月は「お金とはなにか?」というテーマの哲学カフェ。本日その哲学カフェに参加した。

株式会社フジタをカーナビに入れて到着。みために倉庫のよう(失礼)であるがここが本社。
fujitamuseumkokojyanai.jpg

ミュージアムはここから西に300メートルほどいったところだった。これは初めて来た方は間違えそうだ。

▼ここがミュージアム、奥に見えるのは第二工場
fujitamuseum.jpg

株式会社フジタの第二工場の前にあるのがメタルアートミュージアム。立派な建物だ。

tetugakucafein.jpg

玄関に入ると哲学カフェの案内があった。ここは入場料が必要な空間である。本日の哲学カフェの参加料1000円を払うとミュージアムも見学ができる。

fujitamuseumnaka.jpg

ミュージアムの中はメタルアートが多数展示されている。

metal-EFFECTS.jpg

作品としてのクオリティが高い展示物が多くてびっくりする。

fujitamuseumkaidan.jpg

ミュージアムの奥にある階段から2階に上がると、そこが哲学カフェの会場である。

tetugakucafeyousu.jpg

本日は18名の参加。講師は元教師の野末氏。
フェイスブックでは以下のように告知されていた。
以下https://www.facebook.com/events/2079304205675561/より引用

「哲学カフェinミュージアム」で語り合いませんか?
テーマ:「お金とはなにか?」

概要
紙幣、金貨、クレジット、電子マネー、
ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーン
信用の価値って?
最近のネット環境の変化から、お金の存在意義も
問われる時代になる予感がします。

紙のお金の価値がいつまで通用するの?
そもそもお金を持ち歩かなくていい時代が、
目の前に来ているのでは?


場所は町工場の一角にできた、メタルアートを展示している
#FactoryArtMuseumTOYAMA の会場です。

開催日:2018年7月8日(日)
時 間:13:00~16:00
参加費:¥1,000 ミュージアムもご覧いただけます。
     
申し込み方法
①イベントペイ 事前決済サイト
https://www.0553.jp/eventpay/event_info/?shop_code=5051437672227621&EventCode=0659836539
   
②メール:info@fujita-k.co.jp
 件名に 「7/8 哲学カフェVol.6 申し込み」
・住所
・氏名
・メールアドレス
・携帯番号
を記入して申し込みください。

③FAX:上記内容を書いてFAXしてください。0766-64-5220

*ご注意:FBの参加チェックでは正式申し込みにはならないです。

講師:
野末雅寛(のずえまさひろ)
2014年から哲学カフェ in 富山で講師を担当。
1974年富山県朝日町出身。
金沢大学教育学部と京都大学大学院文学研究科修士課程にて
哲学を専攻、ハイデガーなどドイツ哲学を学ぶ。
高等学校教諭一種免許(公民)を取得

okanetohananikaboard.jpg

okanetohananika.jpg

当日の遠田のメモを備忘録として残しておく。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/07/fujitamuseum.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/07/fujitamuseum.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/07/fujitamuseum.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。