レジ補助金とIT導入補助金を活用するための説明会を白山商工会議所で開催

keigenzeiritsusetumeikaihakusan.jpg白山商工会議所で「レジ補助金IT導入補助金活用セミナー」を開催。税務署から軽減税率についての概要説明があり、その後、遠田が補助金関係について解説をした。
今回は、軽減税率のほうを主体にしているため、IT導入導入補助金の説明は軽くして、レジ補助金といわれている軽減税率対策補助金の説明を厚くおこなった。軽減税率対策補助金は複数税率対応のレジシステムを刷新する場合に受けられる補助金であり、レジ1台につき最大20万円の補助がある。1企業で最大200万円まで受けられるので、複数台のレジの入れ替えはこの機会に行うのがチャンスである。

keigenzeiritsukaisetsu.jpg

軽減税率が導入されると、区分請求書を発行する必要がでてくる。区分請求書とは、食品など軽減税率8%が適用させる商品と、消費税10%の通常商品を別々に合計してそれぞれの消費税額を明確に表示した請求書である。
自社が免税業者(年商1000万円未満)だとしても、納品先企業から求められれば区分請求書を発行しなければならないため、事実上すべての企業が区分請求書に対応せざるを得ない。

keigenzeiritsusetumeizeimusyo.jpg

上記画像は税務署からの説明の様子。

さて、軽減税率対策補助金(レジ補助金)で、中小飲食店にもっとも人気になりそうなのがA3型だろう。タブレットを使ったレジシステムに適用される。

リクルートのエアレジは基本無料で使えるが、県内に拠点がないため丁寧なサポートはあまり期待できない。ある程度、手厚いサポートを期待するならユビレジになるだろう。検索するとユビレジでは85件のサービス一体型メニューが用意されていた。

▼ユビレジの検索結果は85件
yubirejihojyo.kpg.jpg

軽減税率対策補助金については
http://kzt-hojo.jp/
を御覧ください。

また、
IT導入補助金については
https://www.it-hojo.jp/
を御覧ください。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/07/rejihojyokin.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/07/rejihojyokin.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/07/rejihojyokin.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。