福井県丹南地区の蕎麦屋はレベルが高くおいしい越前そばを堪能できるエリアである

森六のおろしそば福井県といえば「越前そば」。蕎麦の産地でもあり、おろし蕎麦がうまい地域である。とくに丹南地区(越前市、鯖江市)では、自宅で蕎麦を打つ習慣があるようで、「どこの蕎麦が一番おいしいですか?」と聞くと「うちで打った蕎麦」という答えが返ってくるくらいだ。いい蕎麦屋が地域内に多数あるので、蕎麦食べ歩きには最適なエリアである。その丹南地区の蕎麦屋3店を回ることができた。久しぶりに複数店に行けたので紹介しておく。

▼森六
morirokuorosisobayahariumai.jpg

福井県のおろし蕎麦を代表する名店が森六だろう。安定のおいしさ。大根おろしの辛さと甘めの醤油だしをあわせた出汁の甘さと辛さのバランスが絶妙。蕎麦は太いが弾力があり、噛んで味わう越前蕎麦を堪能できる逸品である。十割蕎麦のみなのもいい。

morirokuorosisobanoren.jpg

森六 (もりろく)
福井県越前市粟田部町26-20
0778-42-0216
営業時間 11:00~17:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 毎週月曜日(月一、火曜日連休)

▼くらそば幸道
kurasobakoudou.jpg

くらそば幸道は2014年に開店した比較的新しい蕎麦屋である。昼だけでなく夜も営業している。ランチタイムは、おろし蕎麦+おにぎり1個+厚揚げというセットが人気になっている。蕎麦は九割で打っており、蕎麦の香りが立って香りも味わいもよいそばである。

kurasobakoudoutennai.jpg

くらそば 幸道
福井県越前市高木町36-7-8
電話 0778-24-0777
営業時間 11:00 〜 14:30 17:00 〜 20:30
(但しそばが無くなり次第終了)
定休日は月曜日と第3火曜日

▼亀蔵
kamezouorosisoba.jpg

鯖江市の国道からほど近い立地で昼も夜もやっている。丸岡産の玄そばを自家製粉し十割で手打ちしている本格的な手打ち蕎麦屋。夜はお酒とともに楽しめる十割蕎麦がなんともたまらない。

kamezouhasi.jpg

蕎麦・旨酒「亀蔵」(かめぞう)
福井県鯖江市東鯖江1丁目1-3 1F
営業時間:昼11時~14時30分 夜17時30分~22時
定休日:火曜

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/07/tannansoba.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/07/tannansoba.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/07/tannansoba.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。