迷惑メールの送信元が自分のメールアドレスだとしてもヘッダ解析でfromのIPアドレスを調べると違うことがわかる

メールのヘッダ解析送信元のメールアドレスが自分のメールアドレスという迷惑メールが増えている。送信元が自分のアドレスだと迷惑メールフィルタをすり抜けて届くことが多いので困りものだ。しかも「あなたのアドレスをハッキングした」という内容だったりするとどっきりすることがある。そんなときはメールのヘッダ解析をして、本当の送信元がどこなのか調べてみよう。

▼届いた迷惑メールの送信元は自分のメールアドレス
bzmeiwakumailhead.jpg

このメールのヘッダを解析してみると...

sousinmotoip.jpg

fromのところに表示されているIPアドレスが「177.190.70.85」になっている。このIPアドレスをIPひろばなどのIPアドレス調査サービスで調べてみると、送信元の国はブラジルである。

ipbzsousinmotoip.jpg

自分が使っているレンタルサーバがあたかも乗っ取られたかのような誤解を受けるが、冷静に調べてみると単なるなりすましの詐欺メールだということがわかる。

このメールのヘッダ解析は秀丸メールであれば簡単に調べることができる。

hidemarumailheadkaiseki.jpg

念のため、Googleのメールヘッダ解析サービスでも調べてみる。

googleheadkaiseki.jpg

Googleのメールヘッダの解析サービスは
https://toolbox.googleapps.com/apps/messageheader/analyzeheader

ヘッダをコピペして貼り付けるだけで簡単に調べることができる。
この使い方はhttps://dm2.co.jp/2018/04/gogletoolboxmessageheader.htmlにて紹介しているので興味あるかたはその記事を御覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/12/fromip.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/12/fromip.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/12/fromip.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。