NTTの光ネクストを使っているが夜に遅くなる現象が頻発、IPV6に変えたらインターネット接続が劇的に早くなった

ipv6spbb2.jpg事務所と自宅ではNTTの光ネクストを使ってインターネット接続している。このところ夜になると接続速度が急激に遅くなる現象が頻発してきた。おそらくオンラインゲームや動画などの利用が増える時間帯だから回線が混雑して遅くなるのだろう。最近は下り速度が1Mbps程度にまで遅くなることがでてきてさすがに業務にも支障をきたす心配がでてきた。主要原因は従来のPPPoE方式ではネット網のNGNのところで混雑が発生することらしい。IPV6接続によるIPoE方式にすると混雑を回避できることから回線速度の向上が期待できるらしい。

まずPPPoE方式とIPoE方式の違いを確認する。
出典 https://www.janog.gr.jp/meeting/janog42/application/files/1515/3238/7347/janog42-IPoE-ntteast_yamaguchi.pdf

pppoeipoe.jpg

IPoE方式だとIPV6を使えるため混雑が少なく早くなる。

ipv6op_nifty.jpg

当社はネット接続のプロバイダにはniftyを使っている。niftyの場合は「IPv6接続オプション」に申し込みするだけでよい。このオプションは無料で申し込みができ、これまでのIPv4によるインターネット接続に加え、IPv6によるインターネット接続が可能になる。
IPv6接続オプションとは、NTTフレッツ光ネクスト回線などで、@niftyを使って接続している利用者向けのIPv6接続サービスである。

IPv6接続オプション
https://faq.nifty.com/app/answers/detail/a_id/21269/related/1

申し込みすると翌日には開通の案内がメールで届いた。

IPV6での接続になっているかどうは
http://test-ipv6.jp/
にアクセスするだけで判定できる。

▼IPV6になっていればこのような画面になる。
ipv6niftycheck.jpg

なんと申し込んだ翌日には、IPv6接続に変わっていた。

早速、スピードテストを実施。

するとびっくりするくらい早かった。
47436681_2347176658645594_481394550309388288_n.jpg

なんと、上下100MBps以上の測定数値。

結論:IPV6に変更したら早くなった。

その後、何度か測定したが、だいたい上下40Mbps以上の速度はでている。

ipv6spbb2.jpg

今回は、なんの費用も発生しておらず、単にniftyのIPv6接続オプションに申し込みしただけで費用もかかっていない。これは絶対にお得なサービスだが、知らないとできないことだ。

この機会に自分のネット環境を調べてみてはどうだろう。





このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/12/nttipv6.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/12/nttipv6.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/12/nttipv6.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。