くら寿司でアルバイト店員の不衛生な行動がSNSに投稿され炎上、その後のくら寿司の対応が法的措置に発展

enjyoukurasui.jpg数日前にくら寿司のアルバイト店員のSNS投稿が炎上した。炎上したのは、まな板の上で処理した魚をゴミ箱に捨てそのあとすぐに拾いまな板の上に戻したという一連の動画を投稿したtwitterである。その後、そのアルバイト店員は解雇された。しかも法的措置に発展していきそうな雲行きである。

▼くら寿司のtwitter公式アカウントより

▼くら寿司のホームページに公開されたPDF
http://www.kura-corpo.co.jp/release/pdf/20190208_01.pdfkurasusisnstaiou.jpg

今後の展開は法的措置へと移行していきそうである。

▼経緯についてまとめたサイト
http://kikitimes.com/archives/26299

この件については経緯を見守りたいが、企業にとっては他山の石とする教訓だろう。

スタッフのSNS教育が必須

学校ではSNS禁止のところが多い。禁止と言っている以上、正しい使い方やリスクに関する教育はされていない。学校でSNS教育をちゃんとしたほうがいいのではないかと考えている。

しかし、学校側が手を打たないからという理由で企業側がこの問題を放置してはいけない。SNS教育を受けていない学生が社会人となり、アルバイトや新入社員として会社に入ってくることを前提として、スタッフにSNS教育を行う必要があるのではないだろうか。

このような馬鹿げた行為をする人間が0になることはないかもしれない。だからといって、企業側がなにもしないことはそれこそリスクである。予防策として若い社員やスタッフのSNS教育を行おう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/02/snskurasusi.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/02/snskurasusi.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/02/snskurasusi.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。