iPhoneのメモアプリってすごい!書類を撮影するだけで適切にスキャンして保存してくれる機能があった

iphonememo.jpg今更ながらiPhoneってすごいと思ったのは「メモ」アプリが優秀だったからだ。これまではちょっとした文章をメモとして記録することにしか使ってなかった。しかし、カメラと連動して撮影した画像を上手に保存するには最適なアプリだったことに気づいた。これまで書類を画像で残したいときは、カメラで撮影して画像保存したあとに、ハイライト補正をしたり白っぽっくしたりという加工が必要だった。しかし、このメモアプリだとそれは不要だ。

実際に試してみた。

▼iPhoneのカメラで普通に撮影した書類の例
memoi005.jpg

書類を撮影すると、全体的にグレーがかってして、文字部分が読みにくい画像になる。

▼iPhoneのメモアプリで撮影
memoi001.jpg

iPhoneのメモアプリを立ち上げて、丸いプラスのアイコンをタップする。すると、「書類をスキャン」とか「写真またはビデオを撮る」などのメニューが表示される。ここでは「書類をスキャン」を選択する。

▼撮影したら自動的に補正して記録される
memoi002.jpg

撮影すると書類という判定がされた四角形のエリアが白く丸い点で表示される。この丸いところはタップで移動できるので、必要な範囲を選択する。その後、「スキャンを保持」をタップすれば、選択した範囲だけが、補正されて画像として保存できる。

▼自動撮影機能もある
memoi003.jpg

しかも自動撮影機能もある。きれいな長方形を認識できた場合は自動的にシャッターが切られて保存できる。だから連続して書類を記録するときとても便利だ。

▼記録した画像は新規メモとして保存
memoi004.jpg

記録したスキャン画像は新規メモとして保存される。連続して複数の書類をスキャンしてもひとまとめに保存してくれるので管理もしやすい。

これまでと同じiPhoneなのに、このメモアプリの機能を知っただけで別物のiPhoneになたちょうな気がする。っちなみに遠田が現在利用しているiPhoneは最新版ではなく、3年くらい前のiPhone7である。最新のiOSだとこの機能が使えるようである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/03/iphonememo.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/03/iphonememo.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/03/iphonememo.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。