熟読度CVをイベントで発生させアナリティクスで分析するにはGoogleタグマネージャを使う

eventmadenagare200.jpg当サイトのグーグルアナリティクスのタグはGoogleタグマネージャで設定してある。今回はGoogleタグマネージャが3月から使えるようになった「スクロール距離」というトリガーを活用して「熟読度コンバージョン」を発生させ、分析できるようにした。
設定はすべてGoogleタグマネージャだけででき、分析はアナリティクスで行う。

Googleタグマネージャの画面
gtmsetting.jpg

今回は、2つのトリガーと、1つのトリガーグループ、1つのイベントタグを設定した。この4つで1セットである。

▼設定のイメージ
eventmadenagare.jpg

「タイマー」というトリガーでは、5分以上滞在したアクションを

「スクロール距離」というトリガーでは、下部に75%までスクロールしたアクションを

この2つのアクションが両方達成されたアクションをトリガーグループとする。

そして、イベントタグを作成し、両方達成したアクションを「イベント」として、アナリティクスに記録する。

gtmtg01.jpg

▼Googleアナリティクスのイベントに記録されているので分析できる

analyticsgtmevent.jpg

gtmeventday.jpg

このやり方で、熟読度コンバージョンと称した記録ができるようになり、詳しく分析ができるようになった。

Google広告を使う場合でもこのコンバージョンをAI活用することができるため、広告の運用効率があがるということだった。

この熟読度コンバージョンの設定には
https://adliticslabo.com/google-tag-manager-trigger-group/1140/
の情報がとても参考になった。

タグを2箇所に入れる設定になっているため、Movable Typeではテンプレートのカスタマイズに一工夫必要だった。

▼Googleタグマネージャのタグ
gtminst.jpg

Googleタグマネージャの使い方
https://ferret-plus.com/1745

Googleタグマネージャヘルプ
https://support.google.com/tagmanager


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/04/googletm.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/04/googletm.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/04/googletm.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。