熟読度CVをイベントで発生させアナリティクスで分析するにはGoogleタグマネージャを使う

eventmadenagare200.jpg当サイトのグーグルアナリティクスのタグはGoogleタグマネージャで設定してある。今回はGoogleタグマネージャが3月から使えるようになった「スクロール距離」というトリガーを活用して「熟読度コンバージョン(熟読度CV)」を発生させ、分析できるようにした。
設定はすべてGoogleタグマネージャだけででき、分析はアナリティクスで行う。

熟読度コンバージョン(熟読度CV)とは

熟読度CVは、そのページの熟読度を表す指標である。閲覧数の大小に関係なく、そのページがユーザーからよく読まれているかどうかを表す。そのために、そのページの滞在時間が長いこと、と、ページ下部までスクロールされている最下部到達という両方が達成されていることが大事。
滞在時間だけの測定なら、たまたまページを開いたまま席を外したりすると読まれてもいないのに滞在時間が長くなる。また、下部へのスクロールだけの測定なら、スマホでさっと下部までスクロールして、すぐに離脱した場合でも最下部到達してしまう。いずれにしても熟読とはいい難い。そこで、滞在時間が長く最下部到達などのスクロール情報の両方がある一定数値で達成することを熟読度CVとして設定する。
グーグルアナリティクス単独では測定できないので、あまり目にしないし耳慣れないかもしれないが、とくにLP(ランディングページ)には重要な指標である。

熟読度コンバージョン(熟読度CV)の設定

Googleタグマネージャの画面
gtmsetting.jpg

今回は、2つのトリガーと、1つのトリガーグループ、1つのイベントタグを設定した。この4つで1セットである。

▼設定のイメージ
eventmadenagare.jpg

「タイマー」というトリガーでは、5分以上滞在したアクションを

「スクロール距離」というトリガーでは、下部に75%までスクロールしたアクションを

この2つのアクションが両方達成されたアクションをトリガーグループとする。

そして、イベントタグを作成し、両方達成したアクションを「イベント」として、アナリティクスに記録する。

gtmtg01.jpg

複数の設定ができるのことがGoogleタグマネージャの便利なところ

gtagitiran.jpg

▼Googleアナリティクスのイベントに記録されているので分析できる

analyticsgtmevent.jpg

gtmeventday.jpg

このやり方で、熟読度コンバージョンと称した記録ができるようになり、詳しく分析ができるようになった。

Google広告を使う場合でもこのコンバージョンをAI活用することができるため、広告の運用効率があがるということだった。

この熟読度コンバージョンの設定には
https://adliticslabo.com/google-tag-manager-trigger-group/1140/
の情報がとても参考になった。

タグを2箇所に入れる設定になっているため、Movable Typeではテンプレートのカスタマイズに一工夫必要だった。

WordPressで設定する場合はGoogleタグマネージャ専用のプラグイン「Google Tag Manager」あるのでそれを使うのがよい。

▼Googleタグマネージャのタグ
gtminst.jpg

Googleタグマネージャの使い方
https://ferret-plus.com/1745

Googleタグマネージャヘルプ
https://support.google.com/tagmanager

ヒートマップ分析と熟読度CVを併用すると効果的

hmmokujijyuyou.jpg

熟読度CVだけで分析するのではなく、ヒートマップ分析と併用するとより分析が深くなる。ヒートマップ分析とは、ユーザーがそのページのどこを注視しているか、どれくらい滞在しているかなどがわかる分析ツールである。LP(ランディングページ)の分析には必須級に重要。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/04/googletm.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/04/googletm.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/04/googletm.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。