IT導入補助金2019年度は補助金上限が大幅に増えたが採択は狭き門になりそうだ

ithojyokin_2019.jpg2019年度のIT導入補助金詳細が発表になった。昨年度までのIT導入補助金とはかなり違う趣がある。まず、大きな枠組みとして「中小企業生産性革命推進事業」という施策の3本柱のひとつとして位置づけられたことである。
中小企業生産性革命推進事業は平成30年補正予算で制定され、1.ものづくり補助金、2.IT導入補助金、3.持続化補助金、という3つの補助金が一体として予算枠がとられている。また、IT導入補助金の補助上限金額は大幅に拡充され上限450万円(1/2補助)となった。

しかし、予算枠は3つの補助金で1100億円であり、おそらくIT導入補助金の枠は100億円程度になるだろう。これは昨年、IT導入補助金が単独での予算枠500億円のうち半分程度しか消化できなかったというのが伏線になっていると思われる。

しかも、新規顧客獲得のための簡易なホームページなどについてはIT導入補助金ではなく持続化補助金を使うのがよいというアナウンスもされている。このことから、予算枠1100円全体のなかでの棲み分けを行い、トータルとして予算消化をしようという考えのようである。

このことから、IT導入補助金の採択は狭き門となることが予想される。

ITベンダー募集はこれからである。大幅に拡充された予算に見合ったITソリューションプランがどれくらい揃うのかが興味深い。

交付申請期間は
一次公募 2019年5月27日(月)開始予定
二次公募 2019年7月中旬開始予定

事業実施期間は交付決定から5ヶ月程度と、これまで通りスピード感はある。

以下、IT導入補助金専用サイト(https://www.it-hojo.jp/)より引用

ithojyokin2019bannar.jpg

平成30年度補正予算「中小企業生産性革命推進事業」では、中小企業・小規模事業者のIT化を、IT導入補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金が一体となり推進します!
IT導入補助金は、多機能・多様なITツールに対応できるよう補助額を増額し、より業務プロセスやバックオフィス業務を中心としたIT化を促進します。

it-hojofirst-one.jpg

補助対象者

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

補助対象経費

ソフトウエア費、導入関連費等

IT導入補助金サイト(https://www.it-hojo.jp/)にて公開予定のITツールが補助金の対象。

補助金の上限額・下限額・補助率

上限額 450万円
下限額 40万円
補助率 1/2以下


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/04/ithojyokin2019.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/04/ithojyokin2019.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/04/ithojyokin2019.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。