ビットコインの急騰が示すものはなにか、投機よりも日常使える通貨になる日は来るのだろうか

ビットコインチャートビットコインの価格が上昇している。今年1月のころは1ビットコインは40万円程度だったが、徐々に値上がりして本日は80万円近くまで急騰した。ビットコインは仮想通貨の代表格で、仮想通貨の将来的価値、ブロックチェーン技術の革新性、日本では2020年開催のオリンピック開催などがあり、見通しは明るい。
しかし、ビットコインは、2年前(2017年)に約10万円から240万円まで急騰したが、その後急落し昨年(2018年)は40万円程度で推移していた。実際のところ、これからどうなるのだろう。

Googleで「ビットコイン」と検索すると、ビットコインの価格の動きがわかるチャートが表示される。このチャートは各国の主要通貨と比較することができる。つまり、Googleからすると、「ビットコインは通貨」としてとらえていることの現れだろう。

▼ビットコインチャート
bitocoin20190512.jpg

ビットコインは通貨として使うよりも投機的な価値か?

ビットコインの本当のよさは、送金や支払いなどの使用感にあると考えていた。送金が簡単で送金手数料が安い。ネットショップや実際の店舗での支払いに使える(キャッシュレス決済)。...などという特徴である。

しかし、こう変動が激しいと、安定して使うことが難しくなり、どうしても投機的な捉え方をする風潮になってしまう。

もう数年もすると、買い物のときに通貨として使うような環境が訪れるかもしれないが、今はまだそこまではビットコインが一般に普及していないのが現状だろう。

いずれ、普通に決済や支払いに使えるときが来るのかどうかを見極めたい。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/05/bitocoin.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/05/bitocoin.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/05/bitocoin.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。