MovableType7でサイトをリニューアル

MovableType7でサイトをリニューアル当サイトはMovableType7でリニューアルした。これまで利用していたMovableType6.3のEOL(製品寿命)が5月16日で切れるというタイミングなのでギリギリのリニューアルだった。これまで使用していたデータベース(SQlite)が使えないこともあり、MYSQLで設定し直すことになり、かなりの時間を要した。MovableType6.5のアップデートで済まそうかなという手抜き作戦も考えたが、重い腰を上げてフルリニューアルした。

行った作業は以下のとおり

・MovableType6でバックアップ(記事のエクスポート)※念のため
・MovableType6のデータベースをSQliteからMYSQLに変更
・MovableType7をインストール
・MovableType7で上記のMYSQLを読み込む
・読み込んだ内容の確認
 記事はすべて無事に読み込めた
 しかし以下の問題あり
 ・テンプレートのカスタマイズ内容は読み込まず
 ・ウェブページは読み込まず
 ・カテゴリの階層とURL名が初期化されていた
・テンプレートのカスタマイズ
・ウェブページを手動で作成(ほぼコピペで16ページ)
・カテゴリ階層とURL名を修正

とくにたいへんだったのはカテゴリの修正だった。記事数が4000を超えておりそれにともないカテゴリも増えており200以上あった。そのカテゴリ内容をすべて並べ替えてURLを修正した。

categorinaosimt7.jpg

この作業のきついところはテキストエディタやエクセルなどでの作業ができないことである。上記のカテゴリ編集の画面でひとつづつドラッグアンドドロップで移動させるしか方法がなかった。この作業に丸一日以上を要した。
もし次にMovableType8にアップデートするさいにこの作業をもう一度やるとしたら辟易する。なんとか自動化してもらいたいものである。

なにはともあれ、MovableType7にアップデートできたので一安心。

▼MovableType7のダッシュボード
mt7dashboard.jpg

MovableTypeが7になり、システム的には一新しているが、ホームページの見た目はほとんど変わっていない。

この機会に、これから少し手を入れようかと考えている。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/05/movable-type7.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/05/movable-type7.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/05/movable-type7.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。