記憶容量が32GBのSSDしかない非力なPCだが512GBのマイクロSDカードを挿してドロップボックス用の領域としてマウント

512gbsd.jpgサブマシンとして使っているキーボードPCはSSD容量が32GBしかない。マイクロSDカードのソケットがあるので拡張していた。これまでは32GBのカードだったが容量不足が心配になってきた。512GBのマイクロSDカードが2500円という安さで購入できたので拡張することにした。
本来は抜き差しできるSDカードのようなストレージはドロップボックスの保存領域に指定することはできない。そこで、このSDカードをCドライブの一部にマウントすることでドロップボックス用のフォルダとして設定する。今回、SDカードを差し替えたためこの設定を最初からやり直した。

イメージ的には、Cドライブの特定のフォルダを、Dドライブ(SDメモリのフォルダ)の特定フォルダとして使うようにする、という設定になる。

SDカードはNTFS方式でフォーマットしなおす

初期段階のマイクロSDカードはフォーマットがexFATになっていた。そのままではマウントがうまくできない。必ずフォーマットはNTFS方式でフォーマットしておく必要がある。まずは確認しておこう。
もしもNTFSフォーマットでなければ、NTFSフォーマットにしなおす。

sdexfatntfs.jpg

マイクロSDカードをCドライブにマウントする

まず、下準備として「Cドライブ」の下に一つフォルダーを作っておく。
ここでは「microsd」とした。

Windowsのディスク管理メニューを開く。

▼ディスクの管理
dor2.jpg

一覧の中からMicroSDカード(上記の場合はSD499GB)を選択し「右クリック」>「ドライブ文字とパスの変更(C)」をクリックする。

▼CドライブにSDカードのフォルダをマウントする
dor3.jpg

新しいドライブ文字またはパスを追加するという設定画面で「次の空のNTFSフォルダにマウントする」のところで、先程指定したSDカード用フォルダ(c:¥microsd)に設定する。

▼Dropboxの設定を変更する

dorsettinguhenkou.jpg

最後に、Dropboxのフォルダ指定を、上記で設定したパスに変更する。

sd001.jpg

これらの設定は、
https://cloud-work.jp/windows_pc/onedrive/tablet_microsd/
を参考にした。貴重な情報提供に感謝。

マイクロSDカードは台湾から届いた

ところで、今回購入したマイクロSDカードはAmazonから送料税込で2500円だった。納期が10日ほどかかったのは、台湾からの直送だったようだ。

sdtaiwan8usd.jpg

荷姿は独特で、国内の通販サイトではあまり見かけない形状である。英語の荷札だが、よく見ると「value(USD)6.800」とプリントしてある。これって原価6.8ドルということだろうか?だとしたらせいぜい800円足らずということなのでとても安い。

usbsd512gb.jpg

マイクロSDカードとUSBのソケットが同梱されていた。このUSBソケットを使えば、512GBのUSBメモリとしても利用できる。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/06/dropboxsd.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/06/dropboxsd.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/06/dropboxsd.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。