Facebookからのアクセスはどの投稿記事からのリンクなのかがわからないので、知りたい場合は事前にリンク先にパラメータをつけておく

Facebookからのアクセスはどの投稿記事からのリンクなのかがわからないFacebookからのアクセスをGoogle Analyticsで調べてみた。Facebookからのサイト内のどの記事にアクセスがあるかについては「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」で調べることができる。しかし、どの投稿をクリックしたのか(どこから来たのか)については知ることができない。
最近のWEBの動向は「リンク元をわからないようにする」という傾向が強い。WordPressやMovable Typeで外部サイトへのリンクをつけた場合も自動的に「rel="noopener noreferrer"」というタグが付与されリンク元がわからないようになっている。

測定記録する方法についてテストしてみた。

▼Facebookの投稿
fblink001.jpg

上記の2つリンク先は同じであるが、2つめには「?20190612」というパラメータがつけられている。

1つめ
https://dm2.co.jp/2019/05/relnoopener.html

2つめ
https://dm2.co.jp/2019/05/relnoopener.html?20190612

このことにより、Google Analyticsでは、ランディングページとして記録されるURL名にパラメータも付与される。

▼リアルタイム計測で確認
fblink002.jpg

このような記録が取れることがわかれば、セグメントを作成しておくと調べやすくなる。

▼Facebookからのアクセスに絞って調べるためのセグメント
fblink003.jpg

Facebookからのアクセスを知りたい場合は事前にリンク先URLにパラメータをつけておく

上記の実験で確認できたように、パラメータは有効である。

なお、パラメータの付け方であるが、一日の投稿数がそれほど多くない場合は日付がもっともわかりやすい。一日に数回の投稿をする場合は、「日付+番号」という手もある。

パラメータの例
?20190612-01 6月12日の投稿1番め
?20190612-02 6月12日の投稿2番め 

パラメータは通常のリンク先の末尾に「?」をつけ、そのあとに任意の半角英数文字を書くだけでよい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/06/facebookanalytics.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/06/facebookanalytics.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/06/facebookanalytics.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。