セブンイレブンの7payにセキュリティ問題発生、不正アクセスなど新規チャージが中止になった

7payapp.jpgセブンイレブンが満を持してスタートさせた「7pay」がつまづいた。セキュリティの甘さから不正アクセス事件が起こり、すでに被害額5500万円以上という大問題になっている。中国人が逮捕されたというニュースもあるが、そもそもの問題は7payのセキュリティが甘すぎたことである。二段階認証もなく、新規パスワードを知らせるためのメールアドレスは登録済みアドレスでないアドレスに送信できることから乗っ取り事件が起きた。このことから、7payでは新規にチャージすることができなくなっている。

▼スマホのアプリ入手画面
7payfamipayapp.jpg

今回の問題はコンビニ最大手のセブンイレブンが起こしたということで社会的なインパクトが大きい。普及し始めたキャッシュレス決済の今後に大きな痛手となりかねないからだ。

7pay以外は大丈夫化?

https://jp.techcrunch.com/2019/07/05/7pay-unauthorized-access/

上記の記事によると、PayPayやLINEpayなど先行するQR決済サービスは安心できるセキュリティレベルだということがわかる。とくにLINEpayのセキュリティの固さは特筆モノだろう。

なぜ、最後発で満を持してスタートしたセブンイレブンの7payのセキュリティがこんなに甘かったのかが不思議でならない。

早期に問題を解決させて、キャッシュレス決済の進展にブレーキがかからないようにしてほしいものである。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/07/7paymondai.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/07/7paymondai.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/07/7paymondai.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。