キャッシュレス消費者還元事業で5%還元のための申請(LINEPayの場合)

linepayseifukangenmousikomi.jpg10月からの消費税増税と同時に、キャッシュレス決済をした場合に利用者に5%の消費者還元事業が実施される。そのさい、対象の中小企業者はキャッシュレス決済を行う事業者に対して、加盟店ID申請が必要になる。
PayPayの政府還元の申請方法はすでに紹介したが、LINEPayの場合を紹介する。結論から言うと、LINEPayのほうがスムーズに申請できるので、これから申請する中小企業者は先にLINEPayでの申請をおすすめする。

LINEPayで消費者還元5%のための申請

LINEPayでは専用の申込みフォームがある。

https://request.line-pay.info/cashless_subsidy.html
linepayseifukangenmousikomi01.jpg

すにでLINEPayの加盟店となっていて、政府還元の申請がまだの場合は上記のURLから申し込みできる。上記の「申請はこちら」をクリックすると以下のような画面になる。

linepayseifukangenmousikomi02.jpg

確認事項にチェックをしたうえで、「申請する」をクリックすると、申請画面になる。この画面は入力が進んでいくと表示内容が変化していく。

この画面で、まずは加盟店IDの保有有無をチェックする。
linepaykameitenidiie.jpg

現段階で、加盟店IDを保有している中小企業者はいないはずなので、「いいえ」を選択する。なお、1~2ヶ月後、他のキャッシュレス決済事業者で加盟店IDを取得したうえで、LINEPayにも申請する場合はここで「はい」を選択し、加盟店IDを入力する。

加盟店IDの保有で「いいえ」を選択すると、店舗・事業所情報の入力ができるようになる。

linepayjigyousyojyouhou.jpg

財務データに関しては、直近の年間売上高の概算を記入するだけでよい。PayPayだと3年分の課税所得を記入するなどハードルが高かったのにLINEPayでは割と簡単な入力項目ですむので楽だ。

入力が全部終わったら「申請する」をクリックして終了となる。

あとは1~2ヶ月後に加盟店IDの連絡があるはずなので、それまでは静かに待つことにしよう。
実際に申請が完了すると以下のような内容のメールが届くはずである。

■今後の流れ
⑴加盟店ID(本事業用)の発行とお知らせ(加盟店ID未発行の加盟店様のみ。約1週間程度)
⑵審査結果のお知らせ(約4~5週間程度)

政府還元の加盟店ID取得までの流れ

▼政府還元の加盟店IDの発行フロー
kameitenidflow.jpg

kameitenidflow2.jpg

※このフロー図はhttps://cashless.go.jpより引用
https://cashless.go.jp/assets/doc/kessai_tourokuyouryou_hosoku.pdf
https://cashless.go.jp/assets/doc/kameiten_tourokuyouryou.pdf

加盟店IDの取得は、中小企業者が利用しているキャッシュレス決済サービスの事業者のどこかを通じて経済産業省に申し込むことになる。

【7月31日追記】

▼LINEPayから来た加盟店ID発行案内のメール
linepayidhakkou.jpg

当社はPayPayにも登録しているので、PayPayにこの加盟店IDを連絡した。

▼PayPayに加盟店IDを申請した申込みフォームの画面
paypaukameitenidsinsei.jpg

上記で、加盟店事業者IDと表示されているのは、今回加盟店IDを申請したLINEPayのものである。このあたりは混乱しやすいので注意が必要である。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/07/linepayseifukangen.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/07/linepayseifukangen.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/07/linepayseifukangen.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。