真夏のインプット祭りin金沢、「インプット大全」を出版したばかりの樺沢紫苑氏を招いてのセミナーは300人規模で大盛況だった

inputtaizenkanazawa.jpg40万部を売り上げたベストセラー「アウトプット大全」を出版した著者の樺沢紫苑氏が、2019年8月3日に「インプット大全」を出版した。そのインプット大全の出版を記念した「真夏のインプット祭り」というセミナーイベントが8月10日、金沢市の石川県女性センターで開催されたので参加した。
びっくりしたのは参加人数。なんと300人。参加費3000円という有料セミナーで、芸能人でもないのに300人規模の集客ができるなんてすごい。主催は永栄泰子(やこたん)という個人の女性である。講師もすごいが、これを実現したやこたんのパワーがまたすごいとおおいに感心した。

ishikawajyoseikaikan.jpg 会場は、石川県女性センター
〒920-0861 石川県 金沢市三社町1-44
kabasawakanazawaseminar001.jpg

18時前に会場に入ると、すでに多数の人が並んでいた。 

inputbengoshi.jpg

ロビーでは、ボランティアスタッフが展示物を紹介したり、出版本の紹介や販売などのお手伝いをしていた。 

yakotankabasawaseminar.jpg

開演の18時半まではまだ時間があるなと思った18時過ぎに、主催者の永栄泰子(やこたん)から挨拶があった。終始ニコニコ笑顔なのはやこたんの人気の秘密でもある。このセミナーを開催した理由や思いなども話してくれた。

今回、「このようなセミナー参加が初めてだという人は手を挙げください」とやこたんが呼びかけるとなんと半数近い人が反応した。これにはびっくり。なるほど、普段はこのような勉強法セミナーなどに来ないような人たちにアプローチできたからこれほど多くの集客があったのかもしれない。それができたのは、本当にやこたんやその周りでサポートしてくれた仲間たちの尽力の賜物なのだろう。 

kabasawashionkanazawa.jpg

さて、樺沢紫苑氏の講演が始まった。特徴的なのは一方的なトーク形式ではなく、進行の都度に会場内でワークがあることだ。1分とか2分とかの短い単位で、隣の人とワークセッションを行う。合計10回近くあったのではないだろうか。300人規模でこのような大ホールでワークショップ的なセミナー進行ができるとはすばらしい。

そのワークのひとつに、「目次のパラ読みワーク」というのがあった。

今回の受講者には「インプット大全」がプレゼントされたが、その目次をパラ読みして気に入った項目を2つに絞り、そのページ内容をササッと読んでその内容を隣の人に1分でアウトプットするというワークである。もちろん、その隣の人からも1分のアウトプットがあるため、その話を傾聴するということも、このワークの一環である。このワークは極めて短時間で、内容の濃いインプットとアウトプットを行うことができるのがいい。

さらに、他の人が選択した2つの項目が自分とまったく違うことも気づきになる。ちなみに、遠田は「会いに行くことで非言語的な情報も感じられることで記憶が深く定着すること」と「その道の達人をキュレーターとしてベンチマークすること」を挙げた。

こんな感じのワークを交え、約2時間のセミナー時間はあっという間に過ぎ去った。

kousankabasawasan.jpg

セミナー開始と終了を告げる司会役は高ゆき氏だった。高ゆき氏はやこたんが勤務する会社(フラップ)の代表でもあり、司会業などもこなすベテラン経営者である。

セミナー内容は、書籍の内容を中心にしているので、ここでは割愛する。書籍はあらためて熟読させてもらうつもりである。

inputtaizensyosekihyouji.jpg
本日の受講者には、出版したばかりの「インプット大全」が1冊づつプレゼントされた。

以下は事前のセミナー告知の内容である。

7月10日イベント作成

*必ずこくちーずにてお申込み下さい
(FBイベントページからの参加は受け付けておりません)
https://www.kokuchpro.com/event/e776d315cc7f1236b75575d53c15aaab/
*現在すでに170名の参加お申込みを頂いております。


40万部のベストセラー『アウトプット大全』、
一年の沈黙を経てその続編が出ます。

そのタイトルは、



『学び効率が最大化するインプット大全』


インターネット上のデシタル情報は、
20年前と比べて5千倍に増えています。
5年前と比べても、数倍にも増えているのです。

さらに、私たちが毎日接触する情報は、
猛烈な速度で増え続けることは確実です。

つまり、「情報爆発」の時代に突入しています。

情報は爆発的に増えているのに、
同じインプット術を続けているとどうなりますか?

それは、5年前のスマホ、
5年前のパソコンを使い続けているのと同じこと。

遅くて、手間がかかって、容量不足になって、
どうしようもないのです。

従来型のインプット術をしていては、時間も手間もかかりすぎる。それが、最近言われる「スマホ疲れ」「情報疲れ」の原因です。

2019年4月、 働き方改革連法案が施行され、
実質的な残業禁止の時代に突入しました。

生産性を高めて仕事することが必須です。

同じ労働時間で、より多く仕事をこなせる人が優秀な人と評価されます。
気合で残業して頑張るワークスタイルの人は、淘汰されます。

そのためには、インプット術を磨き、インプット効率を高める。そして、アウトプット術を磨き、アウトプット効率を高める。

さらに、インプットとアウトプットのサイクルを回すことで、あなたの生産性は飛躍的にアップするのです!!


今回は、なかなか地方での講演は開催されない樺沢先生が、
テーマを「インプット」にして行います。

前参加者には、『インプット大全』を
プレゼントします!!

『インプット大全』の発売直後に、
『インプット大全』の内容、最も重要なエッセンスを
著者の樺沢紫苑本人から学べる。

当然、ただ、聞くだけ。
受け身型の受講では全くつまらないので、
「アウトプット」しながら「インプット」を学んで、
その場で身につけていただきます!!

『インプット大全』の中にも、
絶対にやるべきワークがいくつも掲載されていますが、
ほとんどの人は読んでも実行しません。

「インプット祭り」では、それらの重要なワークを、
その場で実行して、終了させて、完全に身に付けていただきます。
 
つまり、
令和時代に必須の革新的インプット術を、その場で理解、体感、実践して身に付けられる。

あなたが、これが「インプット祭り」に参加する最大のメリットです。



この絶好のチャンスをお見逃しなく!



【「インプット祭り」の主な内容】
 
#『インプット大全』の重要な内容を、ワーク形式でその場で実行、実践し、身に付ける
#「インプット祭り」参加者限定 樺沢紫苑監修の「アウトプットシート」をプレゼント
#「アウトプットシート」を使いながら、講演を聞いて、学びの効率が何倍にもなることを実感する
#『アウトプット大全』の内容を、3分で復習する!
#インプットは、「読む」「聞く」だけではなかった! インプットを再定義する
#学びの効率を10倍にする「30秒ワーク」
#月に3冊の読書で学びを最大化する方法
#速読より簡単!! パラパラ読みを、その場で実践しよう!!
#インプット効率を300倍する方法をその場で実践!!
#デジタル時代だから逆に重要となる「超アナログ」インプット術
#スマホを1日30分で終わらせる方法
#1日5分で情報収集が完了する「情報宅急便」の構築方法
#たった1分! その場で「情報宅急便」を構築していまうワーク
#創造性を高めるインプット術 最も重要なことは?
#AI時代の勝者は「よく遊ぶ人」。なぜなら、AIは遊ばないから。
#「遊び」を通して「創造性」アップのトレーニングをする方法
#自己成長につながる娯楽、ただの時間浪費だけの娯楽の違い
#その場で実践! 脳内情報図書館の構築術

【あなたが「インプット祭り」に参加するメリット】
#令和時代に必須の革新的インプット術を、その場で理解、体感、実践して身に付けられる
#生の樺沢紫苑から学び、会場参加者と体験を共有することで、圧倒的に記憶に残り、モチベーションも上がる
#人生における「自己成長」のターニングポイントになる


ーーーーーーーーーーーーーーーー

イベント情報

日 時:2019年8月10日(土)
18:00~ 受付
18:30~20:20 「夏のインプット祭り」講演
    
場 所 :石川県女性センター
参加費 :3,000円(インプット大全 書籍付き)
支払い方法 :当日会場にてお支払いください
定 員 :イベントページ作成後2日で満席になってしまったので100名→250名収容できるホールに会場変更しました!

今回のセミナーを主催した、やこたんは、北陸ガールズスクエアの代表で、毎週水曜日の朝活を主催している。

朝活@金沢
https://www.facebook.com/asakatsukanazawa/

北陸ガールズスクエア
〒920-0041
石川県金沢市長田本町チ22-2 東海ビル2 階

hokurikugirlsgaikan.jpg


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/08/inputkanazawa.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/08/inputkanazawa.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/08/inputkanazawa.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。