自然栽培の田んぼで実る穂、石川県内では稲の生育が順調で8月中旬から稲刈りが始まる

sizensaibainotanbo.jpg石川県内では連日30度を超える暑い日が続いている。おかげで稲の生育は順調なようだ。今年は作況指数102の「やや良」が北海道、青森、秋田、山形、石川の5道県だということで、石川県では豊作が予想されている。
石川県白山市にある自然栽培の田んぼを見学した。すでに穂はでている。早場米なら稲刈りは来週にも始まるようだが、この自然栽培の稲刈りはまだまだのようである。

sizensaibainokome.jpg

この自然栽培の田圃は、白山市にある農業法人ばんばさんのライスセンター隣にある。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/08/shizensaibai.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/08/shizensaibai.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/08/shizensaibai.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。