キャッシュレス消費者還元の店舗を地図上で確認できるようになった、確認は専用サイトcashless.go.jpへ

cashlessmap200.jpgキャッシュレス消費者還元事業に対応している中小企業の店舗および会社をグーグルマップで見ることができるようになった。
経済産業省が公開している
https://cashless.go.jp/
である。先般より店舗のリストをPDFで公開しはじめたが、ページ数が多すぎてファイルサイズが大きく閲覧はだんだんと困難になってきただけあって、このようなサービスは歓迎である。

▼かほく市の当社近隣のMAP
cashlessmap.jpg

https://map.cashless.go.jp/search

「現在地から探す」で検索すると、近くにあるキャッシュレス消費者還元に対応している店舗が地図上に表示される。そのさい、同一店舗が複数のキャッシュレス還元に対応している場合はピンが複数立つ。地図は上記のサイトから「使えるお店を探す」をクリックすると一覧できる。地図の中心地からおおむね3キロ程度の店舗の場所をピンで表示しているようである。
※4キロ程度離れた「かほく市立宇ノ気中学校」近辺のピンは立っていない。(宇ノ気中学校は、今年の夏の甲子園を沸かせた奥川+山瀬のバッテリーの出身校)

例えば、当社(株式会社ドモドモコーポレーション)は、PayPayとLINEPayのキャッシュレス決済に対応しているので、ピンは2本立っていた。

この表示は、自社がどのキャッシュレスに対応しているのかという状況把握にはよい。しかし、消費者からみると、ひとつの店に複数のピンが立ってしまうことで、地図がわかりにくくなってしまうという欠点がでてしまう。

表示サービスは始まったばかりなので、経過的な措置かもしれないし、今後の表示方法は変化していくことも考えられる。

とにかく
・消費者は使える店舗がどこなのか
・中小企業者は自店舗の対応状況の確認
という別の視点で確認できるのがこの画面なのでしばらくは目が離せない。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/09/cashlessgojp.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/09/cashlessgojp.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/09/cashlessgojp.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。