画像の遅延読み込みをするとWEBサイトの表示は高速化するがSEOに課題が残っていた、WordPressではGoogleのLazyLoad専用プラグインで解決できそうだ

lazyloadsgoogle.jpg「Lazy Load」とは画像の遅延読み込みをすることで、WEBサイトの表示を高速化する技術。ファーストビューに見えない画像の読み込みを遅らせることで、人間が画面を見たときの表示を優先するため、早く表示される。
しかし、この「Lazy Load」を実装すると、Googleのクローラーが画像を認識しなくなる恐れがでるため、画像検索にヒットしにくくなるという課題があった。クローラーはスクロールしないため、画像をスキップしてしまうのが原因である。このことから、「Lazy Load」を導入するのは、ユーザー体験の向上にはなるものの、検索エンジンにヒットしにくくなるというジレンマがあった。

GoogleのLazyLoad専用プラグインで解決

GoogleがWordPress用のLazyLoadプラグインを提供したのはニュースである。LazyLoadの情報は海外SEOブログで知った。いつも有用な情報には感謝である。

プラグイン名は「Native Lazyload(ネイティブレイジーロード)」。このプラグインは JavaScript のライブラリを利用せず loading 属性を追加するだけで、画像と iframe の遅延読み込みを可能にする。要はこのプラグインをインストールして有効化するだけでOK。

▼Native Lazyload
naitivelazyloadsgoogle.jpg

https://ja.wordpress.org/plugins/native-lazyload/

早速、画像を多用している「北陸の蕎麦食べ歩き」にこのプラグインを導入してみた。サイト表示は体感的に向上している。しばらく様子をみてからアナリティクスで解析するつもりである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/09/googlelazyload.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/09/googlelazyload.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/09/googlelazyload.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。