金沢ジャズストリート2019は2009年に始まったので丸10年経過し11回めの開催、今年は150以上のLIVE

金沢ジャズストリート2019昨年は悪天候だったが今年は好天に恵まれた。金沢ジャズストリート2019は9月13日(金)の前夜祭から16日(月・祝日)までの4日間に、金沢市の中心部会場で150以上のジャズライブを開催する。メイン会場は、いしかわ四高記念公園だが、今回は尾山神社境内のライブを中心に楽しむことにした。本日(9/15)の尾山神社境内でのライブは夕方からスタートし21時過ぎまで5つのバンドの演奏があった。夕暮れから夜になっていく空の色が変化していく美しい様と相まってとても素晴らしい場になっていた。

▼9月15日(日)の予定
jazz2019sc.jpg

夕方、17時過ぎくらいの加藤英紀バントのころは夕焼けが美しい時間帯だった。

knjazzstreet2019_02.jpg

客席から見るとステージ左上に尾山神社の神門3階のギヤマンが見える。

knjazzstreet2019_01.jpg

溝端祐子・稲屋浩・名倉学トリオが演奏する時間帯(18時30分~19時10分)になると、夕暮れから夜に変わっていく幻想的な空の色の変化と尾山神社ギヤマンの光との競演も楽しめた。

knjazzstreet2019_03.jpg

すっかり夜の風景になると、ギヤマンの色がことさら印象的。

knjazzstreet2019_04.jpg

19時30分からのミチフジトリオの時間帯になると、多数のお客さんが境内狭しと押し寄せてきて、席を確保するのが難しい状況になっていた。後から来た人の中には、尾山神社の境内の参拝の階段を登り、そこでライブを鑑賞していてスタッフから注意を受けるというシーンもあった。

oyamajinjyakeidaijazz.jpg

上の写真はその参拝の階段から撮影したもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/09/kanazawajazzstreet.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/09/kanazawajazzstreet.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/09/kanazawajazzstreet.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。