iPhoneのSuicaがエラーになって改札口から出られなくなったときの対処法は再起動だった、モバイルバッテリーの携帯必須

iphonebatterysuicang.jpg神奈川県の菊名駅の乗り換え改札口で、iPhoneのSuicaがエラー表示になった。エラーになったのは、東急東横線の改札を出て、JR横浜線の改札に入ろうとしたときである。エラー表示は「iPhoneがインターネットに接続していません。安定した通信環境でアプリを起動してください。(エラーコード:N009)」だった。
菊名駅の乗り換えは2018年に改修され直線的になっており、つい数秒前に東急東横線の改札を出たときは問題がなかった。しかも、この段階でメールやフェイスブックなどには接続できているので、インターネットに接続はできていた。

iphonebatterysuica.jpg

さて、困った。

改札を結ぶ通路でしばらくいろいろとやってみたが埒が明かない。Suicaのアプリは最新版だし、残高もあるので、Suica自体の問題ではなさそう。どうもiPhone側の問題である。

ここで、iPhoneを再起動しようとしたが、突然のシャットダウン。

携帯していたモバイルバッテリーに接続したうえで、改めて再起動してみた。なんとバッテリーの残量が10%以下になっていた。上記の画像ではバッテリー残量は70%あったので、突然バッテリーに問題が起きたのかもしれない。

しばらくすると無事に再起動ができた。モバイルバッテリーを接続したままだとSuicaが使えるようになっていた。とりあえずこの状態で改札を通過することができた。

もしも、モバイルバッテリーを持参していなかったら、改札から出られなくなってしまったかも...と思うとぞっとした。

その後、調べてみると、この問題はiPhoneのバッテリー劣化が原因かもしれないと思うようになった。

iphonebatteryng.jpg

上記の画面は、iPhoneのバッテリー設定の一部。「ピークパフォーマンス性能」というところで、「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないようにパフォーマンス管理が適用されました。」という表示がされていた。

とりあえず、「最適化されたバッテリー充電」の設定を変更した。

iphonebatterysaitekika.jpg

▼最適化されたバッテリー充電について
https://iphone-mania.jp/manual/ios13-new-update-260842/

iOS13から、最適化されたバッテリー充電という機能がついているようだが、いったんその機能をストップし、フル充電する。「明日までオフにする」を選択すれば、その後自動的に最適化の設定になるようだ。

これでしばらく様子を見ることにする。

いずれにしても、このiPhone7はバッテリー交換するか、iPhoneそのものを買い換えるか、という決断をしなければならないようである。

iPhoneSE2が来年(2020年)の春に発売といううわさが本当なら、それまで待つのがよいかもしれない。それまでは、モバイルバッテリーを用意してだましだまし使うことにしようか。

なお、現在スマホはGooglePixel3aとの2台持ちで、電話機能はiPhoneからGooglePixel3aに移動しているので、iPhoneがなくてもとくに大きな支障はない。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/12/iphonebattery.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/12/iphonebattery.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/12/iphonebattery.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。