古いノートPCのOSをウインドウズ7から10にアップデート、低スペックマシンでも問題なくWindows10にできた

ウインドウズ10にアップデートウインドウズ7のサポート期限が来月(2020年1月14日)までと迫ってきている。当社ではすでに必要なPCはウインドウズ10のPCに買い替えている。しかし、残ったウインドウズ7のPCはこのままおいても使えないし処分するしかない。
そこで、ウインドウズ10にアップデートすることにした。すでに今年5月に一度アップデートを体験しているので、同じ方法でやってみた。今回のPCはHPのもので、CPUはAMDの廉価版だから、だめもと。とりあえず動くようにしておけば、なにかのときの予備機として使えればラッキー...ぐらいの感覚である。

前回の手法は
https://dm2.co.jp/2019/05/windows7update10.html
にて紹介している。

まったく同じやり方でやってみた。

基本的な手順は以下の3つのステップを実施しただけである。

1.マイクロソフトのサイトから「MediaCreationTool1809.exe」をダウンロードする

2.「MediaCreationTool1809.exe」を実行する

3.画面の指示に従い設定を続ける

ウインドウズ10にアップデート

思ったよりスムーズにアップデートできた。

pcwin10seikou.jpg

何度か指示通り再起動を行ったが、あとは難しい処理は必要なかった。前回のパナソニックのノートPCのときに比べると格段にラクだった。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/12/pcos710.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2019/12/pcos710.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2019/12/pcos710.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。