Gmailで添付できるファイルの容量は25MBが上限、25MBを超えるファイルサイズの送信はグーグルドライブにアップしリンク作成するのが推奨

gmailjyougen25m.jpgGmailあてに送信するメールに添付できるファイルのサイズには上限がある。25MBを超えるとメールがエラーとなりリターンされてくる。そのさいのエラーメール内には
https://support.google.com/mail/?p=MaxSizeError
というリンクがあり、開くと「添付ファイルのサイズ制限」について書かれている。
内容は、「最大 25 MB の添付ファイルを送信できます。複数のファイルを添付する場合は、合計 25 MB まで追加できます。サイズが 25 MB を超えるファイルは添付されず、Google ドライブのリンクが自動的にメール内に追加されます。詳しくは、Google ドライブの添付ファイルの共有設定をご覧ください。」となっている。

▼リターンされたエラーメール
gmail25mchoerror.jpg

しかし、実際にはグーグルドライブのリンクは生成されずに、単にメールが届いていないというだけになっていた。グーグルドライブを使う場合は、きちんとグーグルドライブにアップしてからリンクをメールで送るという手順にしたほうがよさそうである。

さて、上記のエラーの場合は、メールの宛先は独自ドメインであり、利用しているサーバは「さくらインターネット」だった。さくらインターネットは添付できるファイルサイズ上限がとても大きく、残りのメール保存容量内ならどれだけでもよいはずである。そのため100MBを超えるメールも送信できてしまう。

そして、先方は独自ドメインメールに届いたメールはGmailにも転送しているようである。だからGmailのエラーメールが届いたのだろう。

実際に、自分自身もメール送信の際は自分宛てにBCCしており、そのBCC先のメールはGmailに転送しているので、同様のエラーメールが届いている。なので、Gmailからのエラーは2通来ている。

直接Gmailを使っていない場合でもこのようなエラーが発生するので、メールに添付するファイルの上限サイズは25MB以内という運用ルールにしておいたほうがよさそうである。

大きなファイルを送る方法

25MBを超える大きなファイルを送る場合はメール添付以外の方法を選んだほうがよさそうである。

その場合は、クラウドストレージを使った方法がベターだろう。Googleなら「グーグルドライブ」のGoogleOneドロップボックスなら「トランスファー機能」を使うとスマートにファイルを送ることができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/gmail25mb.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/gmail25mb.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/01/gmail25mb.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。