2020年のテクノロジーおよび環境変化を考えてみた、7月の壁対策としてマイナポイントはどこまで効果を発揮するだろうか

ithenka2020.jpg2020年内に起きるであろうIT関連およびビジネス環境の変化についてまとめてみた。今年は夏に東京オリンピックを開催するため祝日の異動もあるから、カレンダーのチェックも重要になる。
7月の壁」も心配だ。キャッシュレス決済のポイント還元制度が6月に終了する。消費者はお得感がなくなり反動で7月以降は消費が停滞するのではないかという読みである。また、商店など企業側もクレジットカードの支払手数料減免の恩恵が終了するため、7月以降の対応について悩ましい状況になっているだろう。

ithenka2020map.jpg

7月から「マイナポイント」の受付が始まる

「マイナポイント」というのは、マイナンバーカード取得し、キャッシュレス決済に紐付けすると、最大5000円相当のポイント還元が得られるというものである。総務省が主管だ。

キャッシュレス還元事業は経済産業省が主管なので、総務省が主管のマイナポイントはまったく別の事業である。

しかし、7月の壁といわれるタイミングで受付をスタートするあたりは、施策の一貫性を感じられる。省庁の縦割り行政から横の連携ができるようになったのか、たまたまこの時期に予定していたのかはわからないが絶妙のタイミングである。

マイナポイントは今年の注目すべき施策ではないだろうか。

マイナンバーカードを活用した消費活性化策とは、一定額を前払い等した者に対して、マイナンバーカードを活用したポイントである「マイナポイント」を国で付与するもの。
キャッシュレスで2万円のチャージまたはお買い物をすると、5,000円相当のマイナポイント付与!(プレミアム率25%)
(※予算案が今後の国会で成立することが前提)

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/promotion/より引用

なお、マイナポイントを使用することは、直接マイナンバーカードを小売店に提示するということではない。

▼マイナポイントの説明動画

▼マイナポイントの説明リーフレット
20191224_myNAPO_leaflet_A4_01.jpg
20191224_myNAPO_leaflet_A4_02.jpg


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/mynumbercardpoint.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/mynumbercardpoint.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/01/mynumbercardpoint.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。