Windows7のサポート終了まであと2日、もしもWindows10にアップデートしたいのならこの連休中に対応を

Windows7のサポート終了Windows7のサポート終了は2020年1月14日。あと2日に迫っている。さすがに新しいPCの準備を終えている方が大多数だと思われる。
ところで、残ったWindows7パソコンの処分はどうするのか?低スペックマシンであればそのまま廃棄とするのが妥当だろうが、それなりの高スペックマシンなら、Windows10にアップデートすれば再利用が可能である。

Windows7をWindows10にアップデートする方法

Windows7をWindows10にアップデートする方法は以下の3つのステップを実施するだけである。

1.マイクロソフトのサイトから「MediaCreationTool1909.exe」をダウンロードする

2.「MediaCreationTool1909.exe」を実行する

3.画面の指示に従い設定を続ける

「MediaCreationTool1909.exe」はマイクロソフトの「Windows 10 のダウンロード」というページから取得できる。

※最新版を確認すると「MediaCreationTool1809.exe」ではなく「MediaCreationTool1909.exe」にアップデートされていたので修正した。

win10dlmsgamen.jpg

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックする。

PCによっては追加の処理が必要だが、これまで何台かアップデートしたがほぼ同様の手順でアップデートできた。

アップデートにはそれなりに時間がかかる。前回のアップデートは半日程度だったが、レッツノートをアップデートしたときはトラブル対応を含めると数日かかった。時間に余裕があるときしかできないだろう。

だめもとで、Windows7のPCをWindows10にアップデートしてみるなら、今日明日の連休が最後のチャンスである。

▼パナソニックのレッツノートをアップデートした例
https://dm2.co.jp/2019/12/pcos710.html

▼HPの低スペックPCをアップデートした例
https://dm2.co.jp/2019/12/pcos710.html

また、Windows10にアップグレードが可能なのはインテルならば第3世代以降の新しいCPUだけである。古いCPUではアップグレード不可なのでご注意を。

参考までに。

パソコンは特需後の冷え込み期に突入

なお、昨年はWindows7問題で新PCに買い換えるニーズで、PC市場はかなり潤ったようである。

win7pckaikae.jpg

しかし、今年(2020年)は一転して、特需後の冷え込み期に入るため、PCメーカーや部品メーカーなどは売上が急減することが予想されている。

今年は東京オリンピック開催があるものの、その後の景気冷え込みが心配されているが、どのような一年になるのだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/windows7pc.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/windows7pc.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/01/windows7pc.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。