マメジンの味噌作りは2000年からスタートして今年が21回め

みそづくり大豆を栽培する農業愛好家グループがマメジンである。1999年に活動を開始しているのでもう21年も継続していることになる。マメジンは味噌作りもずっと行っており、初めての味噌作りが2000年なので今年は21回めの味噌作りということになる。長いことやってきたものである。
今年は新型コロナウイルス問題でイベント自粛ムードが高まり、マメジンの味噌作りにも大きな影響があった。味噌作りの日が近づくにつれキャンセルが続出し、結局、予定していた参加者のうち10名近くが不参加になった。それでも12家族の参加で味噌作りをすることができた。ありがたい限りである。

misodukuri2020_003.jpg

マメジン会長のあぶさんの説明を聞いてから味噌作り開始。

レシピは
・大豆13キログラム(一斗)
・こうじ15キログラム(一斗)
・塩6キログラム
である。

misodukuri2020_002.jpg

大豆は前日から水につけておき、当日は11時くらいから火をいれて約2時間茹でている。

misodukuri2020_001.jpg

茹で上がった大豆はミンチにする。このミンチ作業がちびっこたちには大人気で作業順番ができるのがいい。大人はサポート役に回る。結局、ミンチの手動ハンドルを回したのはこどもたちだけだった。すごいぞ、ちびっこ。

daizukoujiminchi.jpg

左上にあるのは玄米麹。玄米は農業法人ばんばさんの自然米を風来さんで麹加工してもらったものである。

今年も味噌を仕込むことができてほっとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/02/mamejinmiso.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/02/mamejinmiso.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/02/mamejinmiso.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。