新型コロナウイルス感染症の正式名称は「covit-19」で、本疾患の原因ウイルス名は「SARS-CoV-2」である

新型コロナウイルス感染症新型コロナウイルス感染症は、コロナとか武漢ウイルスなどという俗称で呼ばれることが多いが、WHOでは正式名称を「covit-19」と定めている。
また、この感染症の原因ウイルス名は別の正式名称がある。一時的に「2019-nCoV」が使用されていたが、国際ウイルス分類委員会はこのウイルス名を「SARS-CoV-2」と定めた。
つまり、感染症名は「covit-19」であるが、ウイルス名は「SARS-CoV-2」である。

検索リテラシーの違いで正確な情報を入手する効率が違う

今、「新型コロナウイルス」というキーワードで検索すると、ニュースをはじめSNSなどで爆発的な情報量があり、真贋を見極めるのがだんだんと困難になってきている。

こんなときは検索リテラシーを向上させて冷静に対応しよう。

感染症の正しい情報を調べたらなら「covit-19」と検索すると、厚生労働省や医療機関などの正確性が高いと思われる情報がヒットしやすい。

また、ウイルスそのものについて調べたいなら「SARS-CoV-2」と検索すると、ワクチン開発や新薬などの情報が得られやすい。

ここ数日のうちに「SARS-CoV-2」の検索ボリュームが「covit-19」を上回っていることが、グーグルトレンドでわかる。

▼Googleトレンド
https://trends.google.co.jp/trends/explore?geo=JP&q=covit-19,SARS-CoV-2

▼Googleトレンドの画面
sarscov2covit19google.jpg

上記は「SARS-CoV-2」と「covit-19」の検索ボリューム(検索されている回数)の違いである。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/04/covit19sarscov2.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/04/covit19sarscov2.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/04/covit19sarscov2.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。