防犯カメラとして使えるATOMをお店や事務所の「三密見える化」に使えないかテスト

防犯カメラとして使えるATOM防犯カメラとして使える小さなWEBカメラを購入しました。ATOMカメラ、たった2500円ですが、なかなかの高性能でした。
購入目的は防犯やペットの様子をみるため、という人が多いと思われます。もちろんその用途で使うことは可能ですが、ちょっと思うところがあり実験してみます。
コロナ禍で営業を再開する小売店や飲食店は「三密見える化」が必須になっていくでしょう。店頭や店内の様子をリアルタイムにWEBサイトで公開できるとよくないですか。そんな用途として使うと顧客サービスに有効ではないかという実験をしてみようと思います。

atomcam2500yen.jpg

ATOMカメラは5センチ四方の小さなキューブ体。電源とwifiが飛んでいればどこでも使えます。ためしに窓際にセットしてみました。

▼裏面に電源供給のUSBプラグを差し込む
atomcamuramen2500yen.jpg

設定を済ませて設置すればATOMは24時間稼働のビデオカメラになります。設定するのはスマホのアプリからで、AndroidでもiPhoneでもどちらでもOKです。その後、PCでもソフトをインストールすれば閲覧できるようです。

ATOMカメラへの接続は同時に4台まで可能ということなので通常の使い方であれば十分ですね。

atomcamganmen.jpg

モーション検知を有効にしておくと、撮影画面内に動くものを検知すると自動的に録画します。録画するとスマホに通知がくるので、スマホのアプリを開くとそのときの動画を見ることができます。この検知は風が吹いて木々が揺れたのを検知したようです。検知の感度は3段階に設定できるので「低」くらいにするのがいいかもしれません。

ATOMcamカメラの利用方法

このATOMカメラを実店舗の店内に設置して、その動画をその店頭や他の店舗でスマホやタブレットで常時再生すれば「三密の見える化」になりますよね。コロナ禍で店舗内の混み具合が気になるお客様へのタイムリーな情報提供としてはなかなかいいのではないでしょうか。例えばそのような動作テストをしてみたいな、と考えています。

ATOMcamは
https://www.atomtech.co.jp/
にて5月20日発売になっています。

これだけの機能があって2500円とは安いですね。

また、本来の仕様には書いてないのでわかりませんが、このATOMカメラの映像をホームページに埋め込むことができればとても有用です。5秒に1回の静止画をアップできるアプリとかWEBサービスがあるといいのですけど、ちょっと聞いてみようかな。

→問い合わせしてみました。
結論からいうと現状ではホームページに掲載しての動画表示は不可でした。
しかし、今後の開発で検討するということなので、ちょっとだけ期待することにします。

パナソニックみえますネット
https://panasonic.biz/cns/miemasu/feature/

みたいな使い方も検討していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/05/atomcam.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/05/atomcam.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/05/atomcam.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。