マイナポイントは結局PayPayのチャージ支払いにひも付けしました、利用開始は9月1日から

mynapointpaypay200.jpg最大5000円分のポイントが還元されるマイナポイント制度がいよいよ明日9月から始まります。マイナポイントをどのキャッシュレス決済に登録するか、そろそろ決定しようと思います。上乗せ還元制度がお得なWAONや使い勝手のよいLINEPayも検討しましたが、結局一番よく使っているPayPayを選択しました。
iPhoneからマイナポイントのアプリをインストールして設定しました。

マイナポイントはPayPayチャージ払いにしました

マイナポイント設定の手順などは総務省のマイナポイント専用サイト
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/
に動画などで詳しく説明されています。

iPhoneにマイナポイントの専用アプリを入れて手続きを進めます。なんどかマイナンバーカードを読み取って数字4桁の暗証番号を入力する画面がでますが、途中までにはスムーズに進められました。

mynapointyoyakugamen.jpg

マイナポイントのアプリだけで登録は可能なはずなのですが、最後のほうで「決済サービスID」の入力を求められました。

「決済サービスID」とはキャッシュレス決済サービスの業者側が発行するIDですが、唐突にこの入力を求められてもなんのことかわからず困惑しました。

結局、この画面で止めてから、PayPayのアプリ画面に移動し「マイナポイント」のボタンをタップし、手続きを進めるとスムーズです。その場合は「決済サービスID」の入力が不要でした。

mynapointpaypay640.jpg

スムーズにマイナポイントを設定する手順

ということで、スムーズにマイナポイントをスマホ(iPhone)に設定する手順は以下のとおりです。

・マイナポイントのアプリをインストールし起動する
・マイナンバーカードを読み込んで登録を進める
・キャッシュレス決済の選択にの画面まできたらPayPayアプリに画面を切り替える
・PayPayでマイナポイントの設定に進む
・手続きに従って進めば登録完了

この手順だと謎の「決済サービスID」を入力しなくてもマイナポイントの設定が可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/08/paypaypoint.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/08/paypaypoint.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/08/paypaypoint.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。