東京証券取引所(東証)のシステム障害の記者会見が見事でした

kisyakaiken200.jpg株取引の代名詞ともいえる東証で大規模なシステム障害が発生し終日取引ができないという事態が発生しました。夕方に記者会見があり、その様子をユーチューブなどで公開されています。
これほどの社会問題になったのですが、会社側の記者会見の対応が見事でした。原因、現象、対応などスムーズにわかりやすい言葉で説明。その後の記者からの質疑応答にも完璧に対応していましたね。むしろ経営陣の信頼感が上昇したのではないかとすら思えるくらい、すばらしい危機対応の記者会見でした。

東証のシステム障害の記者会見が見事でした

10月1日、東証システム障害がありました。東証のシステムが終日停止し、丸一日取引なしということになってしまったという大事件です。この会見がユーチューブで公開されています。

記者会見の様子についてはSNSでも経営陣を絶賛する内容が多数見かけました。

逆に、記者たちの質問内容があまりにもおそまつだという指摘も目立ちました。

以下、関連記事です。

東証システム障害で宮原社長会見「富士通と原因究明進める、損害賠償は考えず」
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08869/

東証取引停止と記者会見について|インシデント対応の好事例と言える理由
https://cybersecurity-jp.com/column/42480

東証障害、社長・CIOの会見に称賛集まる...記者たちのIT知識不足露呈にツッコミも
https://biz-journal.jp/2020/10/post_182959.html

この記者会見では、とくに横山常務の説明が見事でしたね。あまりにシステムに詳しいのでITに強い技術系の方なのかと思ったら意外にも文系出身でした。早稲田大学政経で落語研究会出身という見事なオチ。いやーびっくりしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/10/jpxcojp.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/10/jpxcojp.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/10/jpxcojp.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。