BIZミルは商工会議所・商工会が使うと便利なクラウドシステムです

BIZミルBIZミル(ビズミル)の開発元である株式会社エイチ・エーエルの太田さんからオンラインでビズミルの説明を聞く機会がありました。
ビズミルは商工会議所および商工会専用のクラウドシステムです。財務状況分析表/ローカルベンチマーク/経営状況分析表(簡易版/詳細版)/事業計画書(簡易版/詳細版)などの機能があります。なんといっても便利そうなのは、持続化補助金など上部団体への報告帳票などが一元化して管理し出力できることですね。二重入力の手間がなくなるので便利そうです。

bizmirujp640.jpg

ビズミルとは

株式会社エイチ・エーエルが持つコンサルティングで培ったノウハウと、株式会社セールスフォース・ドットコムが保有する世界最大のクラウドCRM (顧客管理)システムを活用し、融合させることにより実現できたシステムです。
「経営発達支援計画」に基づく伴走型小規模事業者支援推進事業を進めるにあたり、基本指針4項目6事業の実施支援をすることを目指したソフトウェアです。

bizmirujpkinou640.jpg

デモ画面を拝見すると、商工会議所および商工会さんが使うことに特化したクラウドサービスとしては、なかなか便利そうでした。全国シェアはNO1だということでしたが、なるほど~と思いました。

石川県内でも複数の商工会議所さんが導入済みだそうです。

ビズミル
https://bizmiru.jp/

商工会議所、商工会連合会のシステム管理担当の方は、一度ホームページやパンフレットご覧になってみたらどうかと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/bizmirujp.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/bizmirujp.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/11/bizmirujp.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。