レンタルサーバで独自ドメインを契約したらメールアドレスも独自ドメインで、メールソフトも独自ドメインで設定しましょう

mailsmtppop3setting200.jpg独自ドメインを取得したら、ホームページの表示を独自ドメインにすることができます。そして、メールアドレスも独自ドメインを利用することができます。メールアドレスを自社独自のものにすると信用度がぐっと向上するのでぜひ使いましょう。
さて、独自ドメインのメールアドレスを使うためには、メールソフトの設定が必要ですね。
これまで、ocnやniftyなどのインターネット接続業者が提供しているアドレスを使っていた方には、ちょっと違った設定になるかもしれません。また、レンタルサーバを別の事業者に変更した場合も設定変更が必要です。
その設定方法を簡単に説明します。

メールソフトの設定

ここでは、遠田が日常利用している秀丸メールの画面で説明します。他のメールソフトでも設定する箇所はほぼ同じはずなので、読み替えて参考にしてください。

設定に絶対必要な項目は以下の4項目です。

・受信メールサーバー(POP3)
・送信メールサーバー(SMTP)
・メールアカウント(ユーザー名)
・パスワード

OCNメールのメールソフト設定方法

独自ドメインのメールアドレス設定をする前に、一般的なインターネットプロバイダのメールアドレスの設定との違いを確認しておきましょう。

例えば、ocnメールサーバの設定は以下のようになっています。(2019年10月1日以降順次改定)

ocnmailsettingrei.jpg

OCNメールの場合の設定例は以下のとおりです。

・受信メールサーバー(POP3):pop.ocn.ne.jp
・送信メールサーバー(SMTP):smtp.ocn.ne.jp
・メールアカウント(ユーザー名):name****@crux.ocn.ne.jp
・パスワード:*********

追加設定は
・POP3のポート番号:995
・SMTPのポート番号:465
です。

ここではOCNの設定を紹介しましたが、他のインターネットプロバイダごとに設定が微妙に違いますので、それぞれのサイトで詳細を確認してください。

独自ドメインのメールソフト設定方法

秀丸メールというメールソフトで設定している画面もあわせて紹介します。

mailsmtppop3setting.jpg

独自ドメインメールの場合の設定例は以下のとおりです。
(レンタルサーバはさくらインターネットの場合としました)

独自ドメインを
mydomain.jp
だと想定しています。

独自ドメインのメールアドレスは
name@mydomain.jp
とします。

この場合のメールソフトの設定は以下のようになります。

・受信メールサーバー(POP3):******.sakura.ne.jp
・送信メールサーバー(SMTP):******.sakura.ne.jp
・メールアカウント(ユーザー名):name@******.sakura.ne.jp
・パスワード:*********

追加設定は
・POP3のポート番号:110
・SMTPのポート番号:587
・SMTP over SSLにチェックを入れる
・STARTTLSを使用にチェックを入れる
です。

mailsmtppop3syousaisetting.jpg

ここで、注意点。

独自ドメインを
mydomain.jp
だと想定していますが、
メールソフトで設定しているメールアカウント(ユーザー名)は
name@******.sakura.ne.jp
と入力していることです。

独自ドメインを設定していてもこのようにします。
これは、さくらインターネットの仕様です。

秀丸メールでは、「個人情報」という設定項目の「メールアドレス」で独自ドメインメールを入力しておきます。
そうすると、送信元のメールアドレスが独自ドメインになります。

さくらインターネットは複数ドメインのアカウントが共通になります

なお、さくらインターネットはマルチドメイン管理ができるレンタルサーバなので、独自ドメインメールの設定が特殊です。

さくらインターネットで複数の独自ドメインを設定している場合、そのすべての独自ドメインのメールアカウントが共通になります。

ちょっとわかりにくいかもしれませんので、例えば、遠田のメールの事例で紹介します。

遠田が利用しているメールアドレスは
tohda@dm2.co.jp
です。

当社がさくらインターネットで管理している独自ドメインは
dm2.co.jp
だけでなく他にもあります。

domo-domo.com
tohdamikio.com
toda.com
など、複数の独自ドメインも設定しています。

この場合、
tohda@dm2.co.jp
あてに送信されたメールは
tohda@domo-domo.com
tohda@tohdamikio.com
tohda@toda.com
にも届きます。

これは、転送されるのではありません。

契約しているさくらインターネットのレンタルサーバ内で「tohda」というメールアカウントはひとつです。

なので、どの独自ドメインを利用しても「tohda」というメールアカウントに届くわけです。

ですから、複数のドメインを管理している場合は、どのドメインを使ったメールアドレスで送られてきても、ひとつの設定で済むわけです。

このしくみをうまく使うと、ドメイン移転のさいに便利なことがわかります。

例えば、新たに
sindan.org
というドメインをさくらインターネットで取得したとすると
自動的に
tohda@sindan.org
というメールアドレスができます。

だから、
tohda@dm2.co.jp
の設定をしておけば、新たにsindan.orgというドメインのメールアドレスも届くわけです。

ただし、送信元のメールアドレスをなににするかは、自分のメールソフトに設定する「メールアドレス」で設定します。

▼秀丸メールで実際に設定している画面
mailkojinjoho.jpg

上記の設定例は、実際に遠田が使用している秀丸メールのものです。

さくらインターネットのメール設定について
詳しくは
https://help.sakura.ad.jp/206106862/
をご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/smtppop3mailsoft.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/smtppop3mailsoft.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/11/smtppop3mailsoft.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。