門松はいつ飾るのがよいか、クリスマスの日にクリスマスツリーを片付けて門松を出すのは日本の風習的にも合致して合理的な判断でした

門松昨夜がクリスマスイブで今日はクリスマス。明日が土曜日なので、今日で仕事納めという企業もあるようですね。
では、お正月を迎えるイメージが強い門松はいつ飾るのがよいでしょうか?
クリスマスの今日、門松を飾ってあるところを見つけ、「早すぎない?」と思ってしまいました。しかし、日本の風習を調べてみると門松は12月13日以降なら設置OKのようです。12月13日は「松迎え」といい、正月の準備を始めるのに最適な日といわれており、この日に門松を出すところもあるようです。

kadomatuhaitudasuka640.jpg

堂々とした門松ですね。これは準備もたいへんだと思います。

しかし、いくら12月13日から門松を出してもいいとなったとしても、クリスマスツリーと門松が一緒に飾られているのはさすがに違和感が強いです。

門松はいつ飾るべきか

クリスマスは12月24日の日没から25日の日没までというのが欧米の風習です。とくにパーティなどのお祝い事はクリスマスイブの12月24日に終え、25日は厳かに過ごすのが一般的でしょう。なので、クリスマスイブの12月24日の夜を過ぎればクリスマスツリーは撤去してもいいと考えられます。

そのタイミング(クリスマスツリーを片付けるとき)で、同時に門松を出すのは作業的にも合理性が高いです。

先程も紹介したように、「松迎え」の12月13日以降であれば、日本の風習として門松は出してもいいのです。

だから、12月25日の朝にクリスマスツリーを片付けて、門松を出すという手順はなるほどの納得二重丸ですね。感心しました。

kadomatuhaitudasukayoko640.jpg

そもそも門松などの正月飾りの目的は、歳神様をお迎えするためのものです。

だから、門松を飾る期間は12月13日から翌年の1月7日まで、というのがベターなようですね。

ちなみに1月7日までを「松の内」といい、神様がいる期間といわれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/12/kadomatsu.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/12/kadomatsu.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/12/kadomatsu.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。