今年最初のどもどもカフェは、丸餅角餅?祝日変更?GIGAスクール構想実現?という格調高い雑談でした

domodomocafe20210103200.jpg本日1月3日に今年最初のどもどもカフェが開催されました。通算45回めですね。
今日は新年になって初めてなので、お正月らしいネタからスタートしました。お雑煮のお餅は丸か角か?
そして、今年はオリンピックイヤーなので祝日が変更なっています。カレンダーや手帳の印刷とは違う可能性が高いので確認ということ。そしてGIGAスクール構想のお話でした。

1月3日はどもどもカフェ初め

まだ正月三が日なのでお屠蘇気分かもしれませんが、今年最初のどもどもカフェが開催されました。

domodomocafe202101036402.jpg

お餅は丸か角か?

冒頭のアンケートでは、お雑煮の餅は丸か角か?という質問をしました。

ちょうど回答が半々に割れて丸50%、角50%となりました。

そうです。石川県って丸餅と角餅の分岐点があるんです。

なぜか西日本は丸餅で、東日本は角餅というのが日本のお餅事情。農水省のホームページでも「地域で違う餅の形」で紹介されています。

marumotikakumoti.jpg

上記の画像はhttps://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2001/spe2_02.htmlからの引用です。

石川県内はなぜか複雑な境界線で丸餅と角餅が混在する地域なんですね。だから、石川県内のスーパーやお餅を製造しているところでは、丸餅と角餅の両方に対応しているところが多いです。

2021年は祝日がカレンダーや手帳と違うので要注意

2021年は東京オリンピックの関係で休日の移動があります。しかし、国の決定が遅くて、カレンダーや手帳の印刷タイミングに間に合わなかったようです。なので、遠田の手帳の祝日も違っています。みなさんも要注意ですよ。

詳しくは、
2021年の祝日は7月と8月と10月が変更になっていて、すでに印刷済みのカレンダーでも要注意
https://dm2.co.jp/2021/01/calendar2021.html
をご覧ください。

GIGAスクール構想がいよいよ現実に、クロームブックが標準になりそうとのこと

国には小学生にPCを配布し電子教科書とするGIGAスクール構想があります。

子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けて、令和元年12月19日、文部科学大臣を本部長とする「GIGAスクール実現推進本部」を設置しました。

という記事が
https://www.mext.go.jp/a_menu/other/1413144_00001.htm
に参考になります。

GIGAスクール構想とは、「児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、多様な子どもたちを誰一人取り残すことのなく、公正に個別最適化された創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させる構想」です。

GIGAとはGlobal and Innovation Gateway for Allの略
https://master-education.jp/column/about_giga_school/

コロナ禍でしばらく停滞していたようですが、ここにきて本格的に動き出したようです。国の号令を受けて、市町村単位で実施します。

一例ですが、金沢市では令和2年度内に、小学校1年生から3年生の児童生徒に一人@1台のPCを配備するとのこと。なんとあと2ヶ月ですね、納入は大丈夫かな~(笑)

domodomocafe202101036401.jpg

とても導入台数が多いので、端末1台あたりコストの目安が約300ドルと決まっているようです。(日本円では5万円以内が目安だそうです)

ウインドウズでもMACでもよいのですが、ハードとソフトでこのコスト制限だと難しいですよね。で、結局はGoogleChromeOS+Androidで稼働するクロームブック一択という状況になりそうだということ。

そこで急上昇してきたのが

Dynabook Chromebook C1
https://jp.sharp/products/chromebook/c1-s/

というクロームブックマシンです。

ディスプレイはタッチパネル付き11.6型TFTカラーLED液晶(1,366×768ドット)。
内蔵メモリは4GB。内蔵ストレージは32GB。
無線機能はIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth Ver.5.1。
LTE(4G)対応なのでSIMを刺すことができます。
キーボード付きですが折りたためばタブレットになります。

これはいいですね。5万円以内で買えるなら、学校だけでなく企業でもこれでよいのではないかと思います。

ただし、インフラがオールGoogleになりますね。

G Suite( Google for Education )を使うことになるからです。

G Suiteとは、Google社が提供するクラウド型グループウェアサービスです。

Gmail:メール
Google Meet(旧ハングアウト):音声・ビデオ会議
Google Chat:メッセージのやり取り
カレンダー:共有可能なカレンダー
ドライブ:クラウドストレージ
ドキュメント:文書作成ツール
スプレッドシート:表計算作成ツール
フォーム:アンケート作成ツール

これらが一括で使えるのがG Suiteです。

小学生が今年からこの環境で学んでいくということです。いずれこの子達が大人になるころには、世の中のITインフラはGoogleが基準になっている可能性が高くなりました。

これはむちゃくちゃ大きな転換点ですね。

日本のカルチャー基盤がGoogleになってしまう。

まさにカルチャーショックかも...。(笑)

 

参加者のおかげでどもどもカフェはなりたっています。

ありがとうございます。

ペコリ m(__)m

どもどもカフェ

domodomocafesundy640.jpg

「どもどもカフェ」への参加は、
・ちょっと暇だったから
・なんだかおもしろそうだったから
・ZOOMの練習がしたかったから
・遠田幹雄に興味があったから
・オヤジギャグをかましたかったから
・経営やITで相談したいことがあったから
・その他...
など、
あくまで雑談ですからなんでもよいです(笑)

参加無料です。

ZOOMのミーティング情報名は「どもどもカフェ」

トピック: どもどもカフェ

日曜午後3時のコーヒータイム、株式会社ドモドモコーポレーションの遠田幹雄と気軽に雑談してみませんか?飲み物片手にどうぞ。

時間: 15:00より(30分程度)
※毎週日曜日
※遠田は15時前からZOOMでスタンバイしています。早めに来ていただいたほうがいろいろとサポートもできるし、1対1でお話しできるかもしれません。そのころのBGMはFM番組の「山下達郎のサンデーソングブック」だと思います。毎週欠かさずに聴いているので(笑)

どもどもカフェの参加方法

どもどもカフェの参加方法を簡単にしました。

1.専用メルマガに登録(任意です)
2.開始時刻少し前に参加URLをクリックする

という2ステップにしました。

どもどもカフェ専用メルマガがあります

どもどもカフェ専用のメルマガを用意しています。どもどもカフェに参加された方にカフェの様子や次回の告知などを連絡するための通信手段です。基本的にどもどもカフェ実施後に週1回送ります。どもどもカフェに参加したい方は、ぜひこのメルマガに登録してください。

・どもどもカフェに参加する方はぜひこのメルマガに登録おねがいします。
・メルマガ不要の方は後で解除ができます。

バックナンバーはこちらです。
https://dm2.co.jp/maga/backnumber.cgi

メルマガ登録
登録 解除

上記のフォームがうまく動作しない方は以下のリンクからお願いします。
どもどもカフェ専用メルマガ登録&解除フォーム

 powered byメール配信CGI acmailer

どもどもカフェは日曜日午後3時少し前に開始

日曜日の午後3時前くらいになったら「参加する」のURLをクリックして、しばらく待機してください。当方のミーティング開始の準備が整ったら雑談開始です。

▼以下の画像をクリックするとZOOMのどもどもカフェに移動します
domodomocafeinroom.jpg

https://dm2.co.jp/domodomocafe
↑このリンクをクリックするとZOOMに入室できます。

または、
https://us02web.zoom.us/join
 ↓
ミーティングID: 862 2024 7714
そのあとにパスコードが必要です。

※パスコードは公開していませんので、どうしてもパスコードを入力する方法で参加したい方はメールフォームからお問い合わせください。

クリックすると待機画面になります。

domodomocafetaikigamen.jpg

左がスマホ、右がパソコンの画面です。
この画面になったらしばらくお待ち下さい。開始時刻になったらどもどもカフェがスタートします。

以下、注意事項です。

基本は1対1くらいのイメージで、多くても数名程度の少人数を想定しています。6名以内がベターかなと思っています。もしも参加希望者が7名以上いた場合は、少し待機していただくか場合によっては入室をあきらめてもらうことになりますのでご了承ください。

うまく参加できなかったということが起きた場合は、翌週あらためてチャレンジしてみてください。

どもどもカフェに複数の人が参加している場合は他の人の迷惑になるような言動を慎んで頂くようおねがいします。楽しく雑談し、ZOOMの練習をしましょう。もしも、不適切な言動が続くようだったり、場にそぐわないと私が判断したりした場合は、強制退室させて頂く可能性があります。

対話の様子は自動的に録画されますが、その内容を参加者に許可なく公開することはありませんのでご安心ください。

なお、どもどもカフェの終了期限はとくに設定していませんが、参加者0が2週続いたら終了しようと考えています。

ZOOM活用

ZOOMは無料で使えるビデオ会議のシステム
https://zoom.us/

zoomuspc.jpg

参加はパソコンでもスマホでもOK。事前にアプリを入れておくとスムーズに参加できるので時間があるときに最新版をダウンロードしインストールして準備しておくことをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/01/domodomocafe045.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/01/domodomocafe045.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2021/01/domodomocafe045.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。